ここから本文です

小田和正のアンコールはいつまでも続いていく 『ENCORE!! ENCORE!!』横浜アリーナ公演レポ

5/23(木) 17:00配信

リアルサウンド

 5月14日と15日、神奈川・横浜アリーナにて小田和正のコンサートツアー『Kazumasa Oda Tour 2019 “ENCORE!! ENCORE!!”』がスタートした。昨年5月から約半年に渡って開催されたツアー『明治安田生命 Presents Kazumasa Oda Tour 2018「ENCORE!!」』の追加公演となる今回。「追加公演ですから、やることはほとんど一緒です。それでも微妙に、“あ、ここは変えたんだな”というところもありますから、こだわる人は、そういうところに注目しながら、最後までお付き合い願えればと思います」と、ユーモアたっぷりなトークを交えながら、約3時間で全29曲を文字通り熱唱。ここには、2日目の15日公演の模様をレポートする。

【小田和正ライブ写真】で振り返る、『Kazumasa Oda Tour 2019 “ENCORE!! ENCORE!!”』

■ウィットに富んだトークがスパイス
「また元気で会いましょう。いつかまた、こうしてみんなと会えるようにと心から楽しみにしています。きっと帰ってきます!」

 昨年のツアーの最後を、こう締めくくった小田。それから約半年、前回のツアーでファイナルを迎えたのと同じ、小田の地元の会場であるここ横浜アリーナの地で、あの日の約束が果たされた。まるで前回のライブで止まっていた時計の針が、また動き始めたようだ。アンコールのまたアンコールが、始まった。

 横浜アリーナをめいっぱい使った作りの会場は、コンパクトなステージ上のバンドのすぐ後ろにまで客席が設けられ、小田がナビゲートした番組『クリスマスの約束』(TBS系)での客席の配置を彷彿とさせる。アリーナ全体をぐるっと取り囲むように花道とミニステージが敷かれ、小田は曲ごとにステージを周りながら歌っていた。ステージと客席の距離は驚くほど近く、どこからでもなるべく等しく楽しんでもらおうという心配りが嬉しい。小田と観客の距離の近さは、物理的なものだけではない。観客との何気ない会話を楽しむようなトークは、小田のライブを楽しむ上での大事なスパイスだ。

 オフコース時代の「夏の終り」を歌う前のMCでは、「一見ラブソングですけど、僕としては夏への思いを書いたつもりでした。キザですみません(笑)」と笑いながら、楽曲にまつわるエピソードを披露した。

「昔、ラブソングの神様と書かれたことがありました。そうです、あの頃のことです(笑)。それがとっても嫌でした。さらに遡ること何十年も前、ふたりでオフコースをやっていた頃には、マンネリと書かれました。その時は、ひどく傷ついたものです。それから何年も経って、今度は普遍的と褒められて、とっても嬉しくなったことを覚えています。マンネリも重ねれば、普遍と言われるわけです(笑)」

 何十年と共に歩んできたお客さんであればこそ、思わずクスッとしてしまうウィットに富んだトーク。客席からは「ああ~あの時ね」という声も漏れ聞こえてきた。

「昔はなんだか秋が好きで、(オフコースの曲で)『秋ゆく街で』という曲もあるけど、ライブではほとんど歌ったことがなかったな~」とつぶやきながら、ふと思い立ったように〈まるで秋を迎えた少女のように〉と、「秋ゆく街で」の冒頭を弾き語りでワンフレーズ披露。この思いがけないサービスに、客席からは大きな歓声と拍手が沸いた。

1/2ページ

最終更新:5/23(木) 17:00
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事