ここから本文です

TEAM SHACHI 咲良菜緒、ナイン・インチ・ネイルズがきっかけで気づいたこと

5/23(木) 19:30配信

Rolling Stone Japan

アイドルシーンきってのロック好き、TEAM SHACHI 咲良菜緒が前情報なしで音源を聴き、それが誰の曲かを当てていく企画「TEAM SHAHCI 咲良菜緒のめかくしストリーミング」。連載2回目にして本来の趣旨から外れ、彼女の音楽の趣味を探っていくという色が濃くなってきた。

写真2点:TEAM SHACHI 咲良菜緒、ナイン・インチ・ネイルズがきっかけで気づいたこと

前回同様、音源を聴いている約1時間半の間、笑顔が絶えない咲良。取材はTEAM SHACHIとして初のツアー「TEAM SHACHI 1st TOUR 2019 ~タイムトレイン かなた~」の真っ最中だったが、疲れは一切見せない元気っぷり。前回の記事の反応を聞いてみたところ、本人が想像しない事態になっていたようで……。

―前回の記事の反応はありましたか?

ホワイト・ゾンビに対する反応がすごかったです(笑)。本当に! 私、ホワイト・ゾンビのことをそんなに知らなかったから、どれぐらい反応があるか予想つかなくて。でも、あれから他のインタビューを受けたときに、「ホワイト・ゾンビに目覚めたんだってね!」って言われれることが多々あって(笑)。

―あはは!

「あ、そこって気になるんだ!」って(笑)。「そんなに引っかかるバンドだったんだ」って思いました。ファンの人もびっくりしてました。「そこかあ!」って。

―まあ、ホワイト・ゾンビに対する反応に食いつく人は40オーバーでしょうね(笑)。 

あと私、ホワイト・ゾンビよりもロブ・ゾンビのほうが好きでした!

―そうなんだ! あれから音源を掘ったんですね。

そうです! 前回教えてもらったので聴いてみたら好きでした(笑)。

―ロブ・ゾンビの世界観は菜緒さんは好きそうですよね。

好きです好きです。

―じゃあ、今回もいってみましょうか。この曲は多分わかるかと思います……。

「わかる」って言っておいて難しいんですよ……!

編集部からのお題 その1
BURN IT - FEVER 333

あ! わかりました。こないだライブ行きました。FEVERですよね? 対談するっていうこともあって(現在発売中の「ヘドバン Vol.22」で咲良はFEVER 333のメンバーと対談をしている)、これはめちゃ聴きました! 対談の前日にリキッドルームでのワンマンも観させていただいたし、その日の朝に『スッキリ』で生演奏をしたのもこの曲でしたよね。私、初めて観たのがこの曲のフジロックの映像で、「え! フェスでこんなことやって許されるの!?」って思ったぐらい激しかったんですけど、歌声は聴きやすいし、サビも開放的で、シンプルにめちゃカッコいいと思いました。

―ライブはどうでしたか?

ギターの方の家族がダイブしてたんですよ(笑)。スク水みたいな格好で普通にダイブしてたから、対談のときに「あれは家族ですか?」って聞いたら、「そうだよ! 妹と両親と一緒に来たんだ」って言ってて。私だったら家族をステージには上げないなって(笑)。でもお客さんも盛り上がってたし、なんでもウェルカムな雰囲気で楽しかったですね。

―対談してみてどうでしたか?

めちゃくちゃ優しかったです! すっごくフレンドリーでした。ライブ中もすごく笑顔だったし、パフォーマンスは激しいけど怖くはないんですよ。無邪気に暴れちゃってるって感じ。TEAM SHACHIはクッピーラムネとコラボしてるので、それをメンバーにプレゼントしたらむしゃむしゃ食べてて(笑)、後でインスタで対談の告知をしたら、「ラムネ美味しかったよ!」ってコメントが届いて、「そんなに好きだったんだ!」って(笑)。

―あはは(笑)。じゃあ、対談の内容は「ヘドバン」で確認って感じですね。


編集部からのお題 その2
Stone Cold Crazy - QUEEN

……あ、この声は聞いたことある! 新しい感じの音ではないですね。

―新しくはないけど、今話題のバンドですね。

あ、クイーン! クイーンの曲は自分の生誕祭のBGMでよく使ってて、生誕祭の最後に「WE ARE THE CHAMPION」を流したときは、私はもうステージからはけた後なんですけど、お客さんみんなが大合唱してて。それを見て改めてすごいなと思いました。

―この曲、メタリカがカバーしてるんですよ。それを聴くと、メタリカの曲なんじゃないかと思うはずです。

確かにそっち系な感じはしますね!

―では、メタリカのバージョンも聴いてみましょうか。

(メタリカのバージョンを聴きながら)自分たちのものにしちゃってますね(笑)。曲を乗っ取りにきてる!(笑)テンポ感もこっちのほうが私はしっくりきます。

―ところで、『ボヘミアン・ラプソディ』は観ましたか?

観てないんですよ! いろんな人から勧められて、「クイーンはちゃんと聴いたことなかったけどよかった」って言ってる人もいたから、映画としてすごくいいんだなって。「菜緒ちゃんは行かなきゃダメだよ!」っていろんな人から言われます。だから観るならIMAXがいいと思ってたんですけど、今だと朝しかやってないから行けなくて。DVDを観ます! 

1/3ページ

最終更新:5/23(木) 19:30
Rolling Stone Japan

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Rolling Stone Japan vol.06

CCCミュージックラボ

vol.06
2019年3月25日発売

1000円(税抜)

特集:HYDE
ヒプノシスマイク
モーニング娘。’19 ライブの舞台裏
特集「今のポップシーン」の主役たち

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事