ここから本文です

松坂大輔の「ゴルフ問題」が日本で断罪される理由

5/23(木) 8:30配信

JBpress

 「平成の怪物」に逆風が吹きつけている。中日ドラゴンズ・松坂大輔投手のことだ。右肩を痛めて開幕に間に合わず二軍調整を強いられているにもかかわらず、5月上旬のファーム練習日に早朝からゴルフをしていたことが写真週刊誌の報道によって発覚。球団側からペナルティーを科され、本人が謝罪したものの世間の反応は冷たい。

ニューヨーク・メッツ時代、14MLBオープン戦、セントルイス・カージナルス戦に先発登板する松坂大輔

■ 擁護論も一部にあるものの

 関東近郊で右肩の治療を行い、そのスケジュールの合間を縫って問題となった当日に千葉県内のゴルフ場でプレーしたようだ。松坂本人の弁明によれば、ゴルフをした当日もその後に治療とトレーニングを行っていたという。いくら練習日だったとはいえどもチームから離れることを球団側から許可されているし、完全に一日中サボっていたわけではないので問題視しなくてもいいのではないか――。球団内でも少数派だが、このように指摘する擁護論もある。

 それとは別にメジャーリーグのシカゴ・カブスに在籍するダルビッシュ有投手もツイッターで「こっちの人は全然気にしない。肩痛めててゴルフダメは無いと思う」などと投稿。日米の認識の違いを取り上げながら、松坂を擁護した。

 しかしながらいいか悪いかで言えば、中日側がペナルティーを科す処分を下したのだから「NG」に決まっている。メジャーリーグでは許されるかもしれないが、ここは日本だ。まさか自分が元メジャーリーガーだから許されると思い込んでいたわけではないだろう。しかも松坂は右肩に問題を抱えて、リハビリ中の立場なのだ。ただでさえ、Bクラスに沈んで低迷中の一軍に大きな迷惑をかけているのである。

 百歩譲ってどうしてもゴルフをしたいならば、チームを離れる許可をしている球団側に事前報告をするのが筋だ。それすらせず練習日にコソコソと黙ってゴルフに興じていれば、多くの日本人の感覚からすれば「肩をケガしていて何やってんだよ」とツッコミも入れたくなる。日本プロ野球界、というよりも日本の常識ぐらいはさすがに分かっていてほしい。

■ プロとしての自覚が欠けているのではないか

 古参の中日球団関係者も「まったく、その通りです。日本人として日本の球団に属しているのだから、どういう行為をすればひんしゅくを買うのかぐらいは分かっていないとおかしい」と釘を刺した上で次のように続けて憤慨する。

 「正直に言うが、松坂には危機感がまるでない。去年のシーズンで復活したから、それでもう安心しきってしまっているのか。そうだとしたら今、ケガをしてチームに迷惑をかけている立場なのに勘違いも甚だしいと思います。今回の一件について『球団側が松坂を守ってあげるべきだった』との意見も目にしましたが、とんでもないですよ。今回のゴルフの一件は写真週刊誌の報道で明らかになったとはいえ、もともと球団内部でもシーズン中にチームを離れて遠方に治療へ行く彼の〝VIP待遇〟に対して色眼鏡で見る向きがあった。『見られていないからと言って、何かコソコソやっているんじゃないか』という声が結構あったのも事実。そうしたら案の定でしたよ」

 2018年のシーズンはテスト入団した中日で6勝し、カムバック賞も受賞。センセーショナルな話題を呼んだが、このたった1年だけの成績によって松坂は持ち上げられ過ぎてしまった感がある。冷静に思い起こしてほしい。メジャーリーグから戻って2015年から3シーズン在籍した福岡ソフトバンクホークスではコンディション不良に悩まされ、1勝も出来ないまま契約満了。3年12億円ともささやかれた大型契約を結んでいたことで「給料泥棒」とブッ叩かれていたのだ。

 しかもホークス1年目となる2015年シーズン開幕直前の3月中にはオープン戦の試合前練習に朝寝坊して遅刻。罰金18万円を科せられる騒動によって早々からチーム内で「この人、大丈夫なのか」と厳しい目を向けられるようになり、その後の大低迷を暗示させた。

1/2ページ

最終更新:5/23(木) 8:30
JBpress

記事提供社からのご案内(外部サイト)

JBpress Premiumは
日本の未来を創るビジネスリーダー
のための総合メディア
JBpressが提供する有料会員サービスです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事