ここから本文です

編集部が厳選! 2019年の高校サッカー界を彩る注目銘柄300選 九州編

5/23(木) 7:00配信

SOCCER DIGEST Web

九州屈指の司令塔・荒木以外にも逸材がずらりと居並ぶ

 青森山田が2度目の選手権制覇を達成して早5か月が経った。新シーズンはすでに開幕し、再び全国各地で熱戦が繰り広げられている。 今季の高校サッカー界は、昨年以上に混戦模様だ。

【PHOTO】注目銘柄300選~九州編の主な選手を写真でチェック!

 どこが頂点に立ってもおかしくない熾烈な争いの中で、どんな逸材が頭角を現わすのか。今回は高円宮杯、沖縄開催のインターハイ、そして選手権でブレイクスルーが期待される有望株300人を総まとめ。男子部門の全国6地域と女子部門に分けてお届けする!!7回目の今回は九州編だ。
 
※経歴の表記は下記の通り。
U‒00 =年代別日本代表(2019年実績)、高校選抜=日本高校選抜(欧州遠征メンバー)、00国体=国民体育大会出場メンバー(16歳以下の県選抜)

No211
MF
荒木遼太郎
あらき・りょうたろう
東福岡(福岡)/3年/170㌢・60㌔
プレースタイル:司令塔
経歴:U-17
推進力のあるドリブルと、決定機を生み出すスルーパスが持ち味だ。今季はアンカーで新境地開拓に挑戦。大きな展開で攻撃に色を加えながら、守備の楽しみを覚えつつある。
 
No212
MF
菊地孔明
きくち・こうめい
大分(大分)/3年/168㌢・55㌔
プレースタイル:司令塔
経歴:―
プレーの手本はブラジル代表のネイマール(パリSG)。緩急をつけたドリブルとパスで攻撃のタクトを振るうMFは、「テクニックはプロでも通用する自信がある」と胸を張る。
 
No213
MF
千葉 翼
ちば・つばさ
長崎総科大附(長崎)/3年/175㌢・68㌔
プレースタイル:ダイナモ
経歴:―
九州の勢力図を変えた〝総附〞の新たな顔。昨年は前線でハードワークと競り合いの強さを見せ、選手権で1得点。今年は中盤の底でこぼれ球を回収して、存在感を発揮する。
 
No214
FW
村越凱光
むらこし・かいが
飯塚(福岡)3年/167㌢・63㌔
プレースタイル:ドリブラー
経歴:技巧派が揃う注目校において、足技はトップクラス。独特のリズムで刻むドリブルで敵陣を斬り、ゴールを奪う。課題の飛び出しも進化の跡が見え、Jクラブも注目する逸材だ。
 
No215
FW
川野寛登
かわの・ひろと
宮崎日大(宮崎)/3年/184㌢・68㌔
プレースタイル:ポストワーカー
高さに加え、左右両足で遜色ない精度を誇るキックや、鋭い抜け出しを特長とする大型FW。九州新人戦を欠場し、名を上げる機会を逃したが、今後大化けする可能性を秘める。
 
No216
GK
ヒル袈依廉
ひる・かいれん
鹿児島城西(鹿児島)/2年/189㌢・73㌔
プレースタイル:ビッグセーバー
経歴:U-17、18国体
今季注目の守護神だ。オーストラリア人の父から譲り受けた身体能力と、思い切りの良いシュートストップが持ち味。ポテンシャルは十分なだけに、飛躍の予感も十分に漂う。
 
No217
MF
樋口堅大
ひぐち・けんた
大津(熊本)/3年/174㌢・62㌔
プレースタイル:チャンスメーカー
経歴:17国体
深い位置まで攻め込み、縦への突破やカットインからシュートを放つアタッカー。今年は攻撃の核として期待されており、「どんな相手でも抜ける選手になりたい」と意気込む。
 
No218
MF
中別府柊太
なかべっぷ・しゅうた
日章学園(宮崎)/3年/178㌢・63㌔
プレースタイル:司令塔
経歴:―
判断力に長けた司令塔タイプのボランチ。密集地でも逃げずに、ボールを受ける能力が光る。「パスしかできない選手と思われるのは嫌」と話す通り、ドリブルも武器のひとつ。

文●吉田太郎、森田将義

1/2ページ

最終更新:5/23(木) 18:59
SOCCER DIGEST Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事