ここから本文です

早慶戦は格別?やっぱり就職に強い? OB2人の本音「早慶の体育会」で良かったこと

5/23(木) 10:33配信

THE ANSWER

「内田聖人&谷田成吾対談第4回」―高校生に伝えたい、離れて感じる早慶の良さ

 アマチュア球界で異端の道を歩んだ2人の25歳がいる。内田聖人と谷田成吾。内田は早実、早大で甲子園出場、大学日本一、谷田は慶応から慶大で世代別日本代表など、輝かしい実績を持つ。社会人野球の名門・JX-ENEOSではチームメートとして都市対抗出場を目指し、汗を流した。そんな2人は昨年から今年にかけ、人生をかけたチャレンジに挑み、大きなターニングポイントを迎えた。

【動画】MLB傘下球団とも激突…米強豪独立Lと契約した内田聖人の米トライアウト実際の投球シーン


 内田は故障の影響で17年限りで社会人を戦力外になって以降、野球の道を捨てず、天然ガスの営業マンとして社業に勤しむ一方、個人でトレーニングに励んだ。結果、自身でも驚くような復調を遂げ、今年2月から1か月、米国に渡り、トライアウトに挑戦。米強豪独立リーグと契約を勝ち取り、会社を退社して今月から米国に渡る。最大の目標は、MLBもしくはNPBで成り上がることだ。

「由伸2世」の異名で知られた谷田は昨年3月にJX-ENEOSを退社。MLBトライアウトに挑戦し、複数のメジャー球団から声がかかり、テストを受けた。惜しくも契約はならず、以降は日本で四国IL徳島でプレー。NPBドラフトを目指したが、指名は叶わず。25歳で潔く現役引退を決断。今年1月から六本木のIT企業に入社し、ビジネスの世界で成功を目指して第二の人生をスタートさせた。

 2人が対談したら面白いのでは? そんな経緯から、米国挑戦の背景から2人が育った早慶野球部の秘話、現在の野球界に思うことまで本音で語り合った。今回のテーマは「早慶の体育会」。後編となる第4回は高校から7年間過ごした2人が感じた互いの学生の特色、両校の伝統、離れて感じる良さについて明かし、早慶の体育会に関心を持つ高校生に向けてメッセージを送ってくれた。

 ◇ ◇ ◇

――早慶の体育会にいる学生の特色はあるか。

内田「早慶の体育会というプライドはあるんじゃないかな。自分たちは一番見られていると思っているし、どうしても注目される機会が多い。野球部の自分も、それ相応の発言、対応をしないといけないと思っていたかな」

谷田「野球だけって思われたくないという感覚はみんな持っていたよね」

内田「その枠にはしっかりとハマっていた(笑)。グラウンドに出たら早稲田としてあるまじき振る舞いはしない。それは伝統だし、カッコイイとも思っていた。早稲田は少し泥臭いけど、慶応は少しすかしてるよね」

谷田「みんな、すかしてると思わせるようにしてたよね、絶対。すかしてるって思わせて勝つのが一番いいという感じ。でも、実際はがむしゃらにやろうと言われていた。“練習は厳しく、試合は楽しく”が慶応の『エンジョイベースボール』。練習は一生懸命やっていたら、試合は思い切り楽しくやる」

――慶応は「エンジョイベースボール」のイメージが強いが、早稲田も野球部のカラーは強かったのか。

内田「凄くあった。入部すると紙を渡され、早稲田野球は何ぞやを学ぶ。すべての学生の模範であること、立ち居振る舞いについてもそう。ガッツポーズはあまりしなかったし、感情はあまり表に出さない風潮かな。あくまで教育の一環という感じだった」

1/3ページ

最終更新:5/23(木) 10:45
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事