ここから本文です

33kcal以下で夜食にもピッタリ♪ にんじんがメインの野菜スープ5選

5/23(木) 16:30配信

レタスクラブニュース

低カロリーなスープなら、夜遅くても気にせず飲めるのでありがたいですよね。今回は、野菜をたっぷり使った33kcal以下のスープ5選をご紹介。

12kcalでも満足な食べごたえ!「チンゲンサイとにんじんのスープ」

■ にんじんとセロリのスープ

【材料・2人分】

にんじん 1/4本、セロリの葉 1本分、オリーブ油 小さじ1、水 2カップ、洋風スープの素(顆粒) 小さじ1/2、塩 少々、粗びき黒こしょう 少々

【作り方】

1. にんじんは4cm長さ、1.5cm幅の短冊切り、セロリの葉はざく切りにする。

2. 鍋にオリーブ油小さじ1を中火で熱し、1を入れてしんなりするまで炒める。水2カップを加えて約2分煮て、洋風スープの素(顆粒)小さじ1/2、塩少々を加えてひと煮立ちさせる。器に入れ、粗びき黒こしょう少々をふる。

(1人分33kcal、塩分0.7g)

あまったセロリの葉をざく切りにしてスープに加えれば、彩りもよい仕上がりに。野菜をオリーブ油で炒めて、風味を加えます。洋風スープの素と塩を入れてひと煮立ちさせたら、黒こしょうで味をととのえて完成。

■ チンゲンサイとにんじんのスープ

しょうがをスープに入れて煮込むと、味にキレが生まれます。具材が煮立ったら、とりガラスープの素と塩こしょうを入れてひと煮立ちさせましょう。火の通りやすい具材を使うので、忙しいときでもパッとスープを作れるかも。

■ にんじんとわかめのスープ

ごま油の香りが豊かなスープは、ほっとひと息つきたいときにもおすすめです。にんじんをしんなりするまで炒めて、こうばしさをプラス。やわらかくなるまで煮こんだら、わかめと調味料を投入してさっと煮ていきます。

■ にんじんのコンソメスープ

オレンジが色鮮やかなにんじんスープは、おもてなしにもぴったり。味つけは洋風スープの素と塩こしょうだけなので、にんじんのうまみをたっぷり堪能できます。最後にパセリのみじん切りを散らせば、華やかさがアップして◎

■ にんじんと万能ねぎのスープ

万能ねぎを4cmにカットし、にんじんは細切りにしてください。弱火でにんじんをじっくり煮こんだら、調味料と万能ねぎを入れます。器に盛ってラー油をかければ、ピリッとした辛さがアクセントに。野菜の甘みとラー油の辛みが相性抜群のスープをめしあがれ。

にんじんには、体の抵抗力を高めてくれるカロテンが入っています。ほっとする味わいのにんじんスープで体を回復してみてはいかが?

最終更新:5/23(木) 16:30
レタスクラブニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

SNOOPY家計簿2019!
新米がすすむ!地味ウマおかず
食費3万円以下の女たち
野菜の栄養を最大限にとる方法

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事