ここから本文です

ノルウェーの神童が堂安の同僚DFを瞬殺 “比類なき股抜き”を海外紙が称賛「怪物」

5/23(木) 7:01配信

Football ZONE web

フィテッセのエデゴーがフローニンゲン戦で華麗なテクニックを披露

 オランダ1部フィテッセは現地時間21日、プレーオフ準決勝第2戦で日本代表MF堂安律とDF板倉滉が所属するフローニンゲンに3-1で勝利。2戦合計スコア4-3で決勝に駒を進めた。ノルウェー代表MFマルティン・エデゴーは1得点2アシストの活躍で逆転での突破に導いたが、試合中に見せた華麗なテクニックに「比類なき」「怪物」と称賛の声が上がっている。

【動画】「怪物」と海外紙絶賛! フィテッセMFエデゴーの華麗な股抜きドリブル

 敵地での第1戦を1-2で落としたフィテッセは、本拠地での第2戦で猛攻を見せる。前半2分にエデゴーが先制点を決めると、同28分、31分とエデゴーのアシストからスロベニア代表FWティム・マタヴジュが立て続けにゴールを決めて、前半だけで3-0と大きくリード。後半36分に1点を返されたものの、2戦合計スコア4-3と逆転での決勝進出を果たした。

 1得点2アシストとチームを牽引したエデゴーだが、衛星放送「FOXスポーツ」オランダ版は、試合終了間際の華麗なテクニックにスポットライトを当てている。3-1で迎えた後半45分、後方からパスを受けたエデゴーは利き足の左足下にボールを置く。瞬時にフローニンゲンのオランダ人DFジャンゴ・ヴァーメルダムが行く手に立ちはだかったが、相手が足を出してきた瞬間に左足インサイドでボールをコントロールし、いとも簡単に股抜きを成功させてみせた。

 同局公式インスタグラムは「比類なきエデゴー」と綴り、動画を公開。ファンからは「なんてテクニックだ」といった声が上がったほか、ノルウェー紙「Dagbladet」も「怪物エデゴー」と称賛している。

 16歳にしてレアル・マドリードでデビューするなど、“ノルウェーの神童”と注目を集めたエデゴーも20歳。今季はフィテッセにレンタル移籍していたが、「Dagbladet」紙によれば、オランダの名門アヤックスが何度か接触していたという。ようやく実力を発揮し始めたレフティーは、果たしてどこでプレーすることになるのだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:5/24(金) 15:56
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事