ここから本文です

松岡茉優、ガールズイベント“初参加”で「アイドルの魅力をあらためて感じた」<Interview>

5/23(木) 7:00配信

ザテレビジョン

5月18日に千葉・幕張メッセ9~11ホールにて開催された「Rakuten GirlsAward 2019 SPRING/SUMMER」(以下:ガールズアワード)で、女優の松岡茉優が南海キャンディーズ・山里亮太やゆりやんレトリィバァらと共にガールズイベントMCに初挑戦した。

【写真を見る】レモンパネルを持ってキュートなポーズを決めてくれた松岡茉優

最近は優秀主演女優賞、優秀助演女優賞共にノミネートされた「第42回 日本アカデミー賞」をはじめ、「 ブルーリボン賞」ほか各賞を受賞し、女優として注目を集める一方、バラエティーやイベントでMCも担当するなど、多方面で活躍している。

そんな松岡に、「ガールズアワード」に初めて参加した感想やMCという仕事について、この夏試してみたいファッションについて話を聞いた。

――初めての「ガールズアワード」にご出演されてみていかがですか?

最初は初めての場所ということもありドキドキしていましたが、MCの山里さんは、私が10代の時にレギュラー番組(「おはスタ」)でご一緒していたこともあって、安心安全の現場でした。

そして一番ビックリしたのは、お客様です。たくさんのモデルさんやアーティストさんがいらっしゃるので、出演している方としては出ずっぱりではないのですが、来てくださっているお客様はお昼の3時から夜9時までほとんどの方が立ちっ放しなんです。

大変だと思うんですけどずっと楽しそうな表情で、“女の子たちの「かわいい」の祭典”というパワーを強く感じました。

――さまざまなモデルの皆さんやアーティストがご出演されていますが、舞台裏で交流はありましたか?

3 月に上演していた舞台「愛のレキシアター『ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ』でご一緒していた乃木坂46の井上小百合ちゃんが、楽屋まで遊びに来てくれました。

まださゆにゃん(井上)の女優さんとしての顔しか見られていなくて、今回の乃木坂46のパフォーマンスで初めて生でアイドルのさゆにゃんを見られるので楽しみです。(※取材は乃木坂46のライブパフォーマンス前)

それと、私が声優を務めているアニメーション映画「バースデー・ワンダーランド」(公開中)で主題歌を担当している、milet(ミレイ)さんもご出演されています。

映画のイベントでmiletさんの生歌を聴いたことはありましたが、今回あらためて聴いても「歌ってくれてありがとう」と心から思える本当に素晴らしい歌声でした。

miletさんは同じ歳なので、これからも仲良くさせていただきたいですし、彼女の大ファンとして活動を応援していきたいです。

――今回、乃木坂46や日向坂46など、たくさんのアイドルも登場します。ハロプロファンの松岡さんが気になるアイドルはいますか?

鳥肌が立ったのは、ラストアイドルさんです。人数に圧倒されたというのもありますが、とにかく練習を積み重ねたんだっていうパワーが舞台上から放たれていて。練習したものを全力で出すという、アイドルの魅力をあらためて感じました。

――ガルーズアワードでは初MCですが、MC業で気を付けていることはありますか?

今回はモデルさんたちの祭典、戦場だと思っているので、なるべく軽やかに、すぐ話して、すぐはけるということを心掛けていました。

このようなイベントだと、モデルさんたちと違って、私たちMCがはけるときは何もエモーショナルなものは生まれないので、終わったらとにかくダッシュしていましたね。

――そうなんですね。演技はもちろんですが、MCとしての堂々とした司会ぶりも素晴らしかったです。MCのお仕事はお好きですか?

いやいや、私がMCとしてバラエティーなどに出させていただくときはアシスタントMCとして出させていただいているだけなので恐縮です。

演技のお仕事もそうなのですが、MCのお仕事をしているときって、番組やイベント全体を俯瞰で見られるのが魅力的だと思います。

ゲストで出させていただいたときは、ゲストの部分しか知ることができない。一連を見ることができるのは好きですね。

――ガールズアワードではさまざまなブランドの春夏ものが発表されましたが、松岡さんが夏に挑戦してみたいファッションはありますか?

今回のガールズアワードでは、お客様と同じように「あのモデルさんみたいにあのお洋服着たい!」という気持ちで拝見していて。たくさん見せていただいたので、それを参考にしつつ、自分の着たい服を自信を持って着たいです。

――今は金髪で春夏っぽいですね! 黒髪のイメージが強かったので、最初拝見したときに驚きました。

実は今、今年の秋に公開される映画「ひとよ」の撮影中で、スナックで働いている役なので金髪なんです。

白石和彌監督の最新作で、主演の佐藤健さん、鈴木亮平さんときょうだい役、 田中裕子さんが母親を演じられています。

白石監督の作品ってバイオレンスなイメージが強いと思うのですが、今回初めて家族ものを撮られているので、ぜひ楽しみにしていてください!

(ザテレビジョン・取材・文=高山美穂)

最終更新:5/23(木) 7:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン34号
8月16日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事