ここから本文です

落合陽一氏が38億円集めてスタートアップをやる理由

5/23(木) 11:00配信

ダイヤモンド・オンライン

 筑波大学准教授でメディアアーティストとしても活動する落合陽一氏。その落合氏が代表を務めるスタートアップ、ピクシーダストテクノロジーズが第三者割当増資と融資をあわせて合計48億円超の資金調達を実施した。これまでの取り組み、そして研究者が起業してスタートアップの世界に踏み込んだ理由について聞いた。(ダイヤモンド編集部副編集長 岩本有平)

【この記事の画像を見る】

 ピクシーダストテクノロジーズ(PDT)は5月23日、第三者割当増資により総額約38億4600万円の資金調達を実施したことを明らかにした。引受先は以下のとおり(カッコ内はファンド名)。
・INCJ
・SBIインベストメント(SBI AI&Blockchain投資事業有限責任組合)
・凸版印刷
・SMBCベンチャーキャピタル(SMBCベンチャーキャピタル4号投資事業有限責任組合)
・NECキャピタルソリューションおよびベンチャーラボインベストメント(共同運営の投資ファンド・価値共創ベンチャー2号有限責任事業組合)
・みずほキャピタル(みずほ成長支援第3号投資事業有限責任組合)
・グローバル・ブレイン(KDDI新規事業育成3号投資事業有限責任組合)
・K4 Ventures
・第一生命保険
・電通

 PDTでは今回の発表に先駆けて、3月に商工組合中央金庫から全て実施されれば総額10億円となる融資契約を締結しており、総額で約48億4600万円の資金を調達することになる。また同社はこれまでに独立系ベンチャーキャピタル(VC)のインキュベイトファンドをはじめ、凸版印刷、ハーティス(孫泰蔵氏の資産運用会社)、ワタナベエンターテインメントから6億4500万円の資金を調達しているほか、ハードテック特化VCのAbie Venturesからも資金を調達(金額非公開)している。

● 超音波や光などを制御するコア技術

 PDTの設立は2017年5月だが、そのルーツは2015年までさかのぼる。当時、東京大学の博士課程に在籍していた落合氏が、独立系ベンチャーキャピタルであるインキュベイトファンドの代表パートナー・村田祐介氏の支援を受けて米国法人のPixie Dust Technologiesを設立。そこに落合氏の大学からの友人であるPDT共同創業者・取締役CROの星貴之氏、アクセンチュア出身でPDT代表取締役COOの村上泰一郎氏らが参画。日本でのビジネス化を本格化するにあたり、日本にPDTを設立するに至った。

 PDTでは、音、光、電磁波の計測や制御をする「HAGEN(波源)」と呼ぶコア技術をベースに2つの事業を展開している。1つはコア技術をベースに企業と共同での研究開発を実施。製品として量産化や商用化を進める「プロダクトデプロイ型事業」。もう1つは空間のセンシング技術や人、ロボット向けのインターフェースなどを開発する「空間開発型事業」だ。

 あまり聞きなじみのない言葉が並ぶが、これまで手がけてきた技術やプロトタイプの一部は動画やPDTのコーポレートサイトなどで公開されている。たとえば「Pixie Dust」は超音波で物体を浮かせたり、自在に動かしたりできる装置だ。また同じく超音波を用いた「Holographic Whisper」は、何もない空中のある一点に音源を作ることができる技術だという。また市販の車いすに専用のユニットを載せることで自動運転化できる「xWheel」などもある。

 PDTでは「ある技術を活用したプロダクトを開発したい」、「自社の課題を何かしらの技術で解決したい」といった企業に対してコンサルティングを実施。自社および他社の技術を組み合わせて、課題解決のためのプロダクトを共同で開発している。検討段階のものも含めて、現在40社以上とのプロジェクトが動いているという。

 「(製品は)これから世に出てきますが、NDA(秘密保持契約)を結ばないと話せないような内容ばかりです。ですがそんな状況でも資金調達ができているということは、企業がPDTをデューデリジェンスして、実際にパイプラインが動いているということの証明になっていると思います。研究自体には秘密性はないのに、PDTで開発しているものの秘密性が高いのは面白いですよね」(落合氏)

1/3ページ

最終更新:5/23(木) 15:05
ダイヤモンド・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ダイヤモンド

ダイヤモンド社

2019年6月22日号
発売日6月17日

定価710円(税込み)

特集 最新版 倒産危険度ランキング
忍び寄る大倒産時代の足音
特集2 WSJで読み解く
テスラ危機の真相

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい