ここから本文です

森保一監督、17歳久保建英と19歳大迫敬介の初招集に「年齢は関係ない」「勝ち取った」

5/23(木) 14:29配信

フットボールチャンネル

 日本サッカー協会(JFA)は23日、今月に行われるキリンチャレンジカップ2019に挑む日本代表のメンバー27名を発表した。

【動画】日本、未来の布陣はこれだ! 4年後の日本代表イレブンを予想

 日本代表は6月5日にトリニダード・トバゴ代表(豊田スタジアム)、同9日にエルサルバドル代表(ひとめぼれスタジアム宮城)と対戦する。今回招集されたメンバーの中で、FC東京FW久保建英、サンフレッチェ広島GK大迫敬介、オランダのズヴォレDF中山雄太がA代表初招集となった。

 会見で10代の久保と大迫の初選出について聞かれた森保一監督は「二人の選手は年齢に関係なく、チームの中で存在感のあるプレーを発揮しているということ。結果に繋がるプレーもしているということ。そこを評価してA代表に招集させてもらいました。年齢は関係なく良いパフォーマンスを見せている。それで招集につながったということ。彼らはそれを本当に勝ち取ったものだと思っています」と選出理由は所属するクラブでのプレーを挙げている。

 さらに、久保に関して今回の代表で求めているものはと聞かれた森保監督は「クラブと変わらず、彼が攻撃に関わることでアクセントとなり、変化となり、緩急を織り交ぜながらゴールに向かっていく。相手の守備網を突破できるという選手なので、クラブでやっていることを代表でも発揮してもらいたいなというふうに思っています」と話した。

 クラブで評価を上げた2人の10代選手は、A代表でどんなプレーを見せてくれるのだろうか。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:5/23(木) 14:29
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事