ここから本文です

旅行直前に病気で断念 航空券は払い戻せる場合がある

5/24(金) 7:47配信

NIKKEI STYLE

旅行に出発する直前に体調を崩し、キャンセルせざるを得ない場合、「航空券の払い戻しなどは受けられない」と思い込んでいる人もいるだろう。こうしたやむを得ない事情は、航空会社によっては一定の条件のもと「救済」されることもある。

■航空会社に起因、宿泊費の補助も

飛行機で予定どおり移動できないケースとしては、天候などによる不可抗力、機材トラブルなど航空会社に起因するもの、旅行する本人の都合によるもの――の大きく3つがある。格安航空券など運賃のタイプにもよるが、不可抗力の場合は便の変更や払い戻しが受けられることが多く、航空会社に起因する場合はさらに宿泊費などの補助が受けられることもある。
一方、「急に仕事が入った」といった本人の都合によるキャンセルや変更は通常、一定の手数料を支払うことになる。出発日が近づくほど手数料はかさみがちだ。
出発当日に急に体調が悪くり、キャンセルせざるを得なくなった場合はどうなるのだろう? こうしたケースでは、特例的に手数料なしで航空券の払い戻しを受けられたり、別の便に変更できたりすることがある。

■診断書の提出が必要

払い戻しの手続きは(1)出発時間より前に航空会社の公式サイトや電話などでキャンセルや変更の手続きをする(2)病院で受診して医師の診断書を取得(3)航空会社に診断書を提出――だ。診断書の提出は後日で構わないし、郵送でもOK。ただ、診断書の取得には数千円かかるため、本当に特例を受けるのが有利かどうかは一考したい。
本人ではなく同行者が病気になった場合、こうした対応はあるのだろうか? 日本航空によると「例えば大人5人のグループで出かける予定で、1人が病気になり旅行を取りやめた場合、ほかの4人についても航空券の払い戻しなどの特例措置を適用する」(広報グループ)という。

複数の航空会社がキャンセルなどについて「人道的な配慮に基づいて特例措置をとる可能性がある」としている。子どもが病気になったり、自分が病気になってしまい子ども1人で搭乗させるわけにはいかなかったりするケースなどでも、特例措置を受けられる可能性は高い。

1/2ページ

最終更新:5/24(金) 12:15
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事