ここから本文です

堀内恒夫G助っ人回顧 MLB実績は抜群! ジョンソン&ライト

5/24(金) 11:05配信

週刊ベースボールONLINE

川上哲治監督のV9時代の巨人は外国人選手不在だったが、長嶋茂雄監督が就任した1975年にジョンソンが入団。当時のエースとして、その後は兼任コーチ、専任コーチ、コーチ、監督として長年にわたり巨人のユニフォームを着た堀内恒夫氏に、「海を渡ってきたチームメートたち」について思い出を振り返ってもらった。

「ジョンソンのようなすごい選手が来るのかと驚いた」

 V9黄金期は「巨人軍は強くあれ、紳士たれ、アメリカ野球に追いつけ、そして追い越せ」というプロ野球の父・正力松太郎の遺訓が強く反映され、監督・川上哲治の下、「純血主義」でチームが編成されていた。「オール・ジャパン」で「日米決戦」に挑む――。それが球団創設時から巨人に与えられた使命だった。

 その掟を新しい時代の到来とともに破ったのが、長嶋茂雄である。長嶋が現役引退後、自らの後釜として獲得したのが、巨人初のメジャー・リーガー、デーブ・ジョンソンだった。

 ジョンソンは、1971年オフに開催された日米野球で世界最強軍団オリオールズの一員として来日。強打の二塁手として華々しいプレーを披露している。メジャー在籍中にゴールド・グラブ賞を獲得し、オールスターにも出場。ブレーブス時代の73年には、二塁手としてメジャー史上最多(当時)の43本塁打を放ったキャリアを誇る。その超大物が75年、長嶋の監督就任1年目に来日したのだ。

「最初はなんで、ジョンソンのようなすごい選手が来るのかと、驚いたけどね。経歴は申し分なし。でも、日本に来たときには肩が壊れていたね。長嶋さんが辞めて、サードがいなかったから、その後釜として呼んだわけだけど、彼の本職はセカンド。サードをやらせると、肩の弱いのが目立った。ジョンソンが来た翌年はレフトの高田(繁)さんがサードへコンバートされて、ジョンソンがセカンドへ。自分の本職だから、守備はうまかったね。捕ってから投げるまでが速かったから、肩なんて弱っていても大丈夫だった」

 来日1年目、開幕直後に来日したジョンソンは、日本の野球に馴染めず、期待を大きく裏切った。91試合に出場して、打率.197、13本塁打、38打点という不本意な成績に終わり、球団史上初の最下位に転落した長嶋巨人の「戦犯」とまで酷評された。だが、来日2年目は、二塁手として、「水を得た魚」のごとくよみがえり、108試合、打率.275、26本塁打、76打点の好成績を残す。日本でもゴールデン・グラブ賞(当時はダイヤモンド・グラブ賞)を獲得し、メジャーの大物としての実力を発揮するのだった。

1/2ページ

最終更新:5/24(金) 11:26
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事