ここから本文です

雨や湿気に負けない!梅雨入り前にやっておくべき家事5選

5/24(金) 21:32配信

サンキュ!

ジメジメとした日々が続く梅雨がもうすぐやってきます。雨や湿気の多い時期は、洗濯や掃除といった家事が捗らないことがあります。そこで今回は暮らしスタイリストとして料理を始め家事全般の情報を日々発信されている河野真希さんに、梅雨時でも快適に乗り切れるように、梅雨入り前にやっておきたい家事についてお聞きしました。

梅雨入り前に必見!カビが発生しやすい意外な場所とは…?

梅雨前にやるべき家事1:エアコンやサーキュレーターの掃除

ムシムシする季節がやってくる前にやってほしいのが、エアコンやサーキュレーター、扇風機といった涼をとるための家電の掃除です。

エアコンの汚れが溜まっているところに、梅雨の湿気と温度が重なると、カビが発生しやすくなります。エアコンを稼働することで、そのカビやホコリなどのハウスダスト、嫌なニオイを部屋中にまき散らしてしまう可能性も。梅雨前にはフィルターを掃除し、本体の拭き掃除を済ませておきましょう。

また、最近は暖房効率や部屋干しのために1年中サーキュレーターや扇風機を使っている家も多いかもしれません。こちらも汚れたままだとホコリをまき散らすことに。梅雨時に多くなる部屋干しにも有効なアイテムなので、しっかりと掃除をしておきましょう。

梅雨前にやるべき家事2:洗濯機の掃除

梅雨がやってくると、部屋干しをする機会が増えますが、その悩みに洗濯物から漂う嫌なニオイがあります。この原因は洗濯物に繁殖した雑菌にあります。それを防ぐためには、できるだけキレイに洗濯をすること。そのためには洗濯をする洗濯機そのものもキレイにしておく必要があります。

一見キレイなようでも洗濯機の奥には石けんカスや皮脂汚れなどが溜まっている可能性があります。また、温度や湿気が上がってくると、溜まった汚れにカビが繁殖してしまうことも。洗濯槽クリーナーなどを使って、洗濯機の中の掃除をしっかりと済ませておきましょう。

梅雨前にやるべき家事3:冬物衣類や布製品の洗濯

春になったのに、タイミングを逃して、冬物衣類の洗濯やクリーニングをせずに置いたまま…なんてことはないでしょうか。

梅雨になると、分厚い冬物のコートやセーターなどは洗っても乾きにくくなります。梅雨入り前に忘れずに洗濯をして、衣類によってはクリーニングへ出すようにしましょう。キレイになった衣類は、梅雨入り前の天気のいい湿気の少ない日に収納すると、カビや虫食いの心配も減ります。

1/2ページ

最終更新:5/24(金) 21:32
サンキュ!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サンキュ!

株式会社ベネッセコーポレーション

毎月2日発売

毎日の生活を豊かにHAPPYにする情報誌
【切り取りBOOK】40代なのに貯金がない!?

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事