ここから本文です

40代が着てもOKな「キレイ色」ってどんな色?

5/24(金) 7:52配信

サンキュ!

春夏のファッションは気分もおしゃれ度も上がる、「キレイ色」に目がいきますよね。「キレイ色」というと、淡いカラーを想像しがちだけど、肌とのコントラストが強くなるアラフォー世代には、ちょっと難易度が高いパステルカラーもあったり…そこで今回は、40代が着てもOKな「キレイ色」とその上手な取り入れ方をご紹介します。

40代を格上げする!ユニクロのキレイ色無地ワンピコーデ

■教えてくれたのは…里村素子さん
エアークローゼット所属のファッションアドバイザー。最も得意なスタイルは、コンサバオフィスファッション。「トレンド先どり!」のようなアイテム、プチプラなのに高見えするアイテムの紹介、アラフォーやワーママでもおしゃれ見える着こなし術など、ファッションに関する実用的で幅広い知識を持つ。

まずは40代ならどんな「キレイ色」を選べばいい? 季節を感じさせる華やかさを出しつつ、トレンド感もある、上品な印象の「キレイ色」はズバリ!

・青み系「ピンク」
・落ち着きのある「マスタードイエロー」
・クリーンなイメージの「サックスブルー」
・リッチ感のある「ペールラベンダー」

「ピンク」はかわいさ封印!「カッコよく」がポイント
顔色UPの白と合わせてクールなスタイルに

青みがかったピンクボトムスと白トップスなら、メリハリのあるクールなコーディネートが完成しますよ。小物もシルバー系やパイソン柄で辛口に仕上げるのがコツ。ここで白みが多いパステルピンクだとぼんやり感が強くなり、太見えするので要注意です。

黒トップスで引き締め効果を!

黒×ローズピンクで大人の魅力溢れるスタイルに。フレアラインより、タイトスカートでⅠラインをつくることで、よりスマートな大人ピンクを演出できますね。

40代の肌にもなじみやすい「マスタードイエロー」
トップス使いでもくすみなし!

肌なじみのいい「マスタードカラー」なら、トップスとして持ってきても顔くすみが気になりません。またシルエットもゆったりとしたラインのものを選ぶのが旬。黒のキャスケットでより、さり気ないモード感のあるコーディネートに。

ロゴTもイエローで格上げ

いつもならデニム合わせのロゴTも、ぱっと目を引く「マスタードカラー」のワイドパンツなら、こなれ感のあるスタイリングに。サンダルやかごバッグできれいめ度をUPさせているのも◎!

1/2ページ

最終更新:5/24(金) 7:52
サンキュ!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サンキュ!

株式会社ベネッセコーポレーション

毎月2日発売

毎日の生活を豊かにHAPPYにする情報誌
【切り取りBOOK】40代なのに貯金がない!?

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい