ここから本文です

本気で働き方改革を進めない、サラリーマン社長の罪

5/24(金) 11:32配信

PHP Online 衆知(THE21)

若手社員にも「経営」の意識を

 マネジャークラスの意識を引き上げる一方、高岡氏は一般社員の意識改革を行なっている。その核となるのが、「イノベーションアワード」だ。これは、年1回、全社員からイノベーションのアイデアと、それを実行して検証した結果を募集するコンテストで、次のような狙いがあるという。

「それは『若い頃から、経営改革ができるような力を磨いておいてほしい』ということです。これからの経営に、イノベーションは欠かせません。

 ただ、仕事のできるハイパフォーマーが必ずしも、良いイノベーターとは限らないでしょう。将来彼らが社長や役員になったとき、訓練もしないまま急にイノベーションは起こせませんから、今から練習してもらうのです」

 経営に携わらないビジネスパーソンも、「イノベーション力」は、誰でも磨くべきだ、と高岡氏は言う。

「近い将来、AIが発達してきたら、ホワイトカラーの仕事はどんどんなくなっていくでしょう。仕事が得られるのは、AIにできない仕事ができる人だけ。路頭に迷いたくなければ、今から考える訓練をしたほうがいいですよ」

4/4ページ

最終更新:5/24(金) 11:32
PHP Online 衆知(THE21)

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE21

PHP研究所

2019年8月号
2019年07月10日発売

630円(税込)

【総力特集:キャリアが拓ける!稼げる資格】キャリアに活かせる資格の選び方、また、どのように勉強すれば合格に近づけるのかを紹介する。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事