ここから本文です

アマゾンは「危険物」専用の配送センターをつくろうとしている

5/24(金) 8:12配信

WIRED.jp

昨年12月のある水曜の朝、ニュージャージー州にあるアマゾンの倉庫でクマ撃退スプレーの缶が爆発し、従業員24人が病院に運ばれる“事件”が起きた。アマゾンの倉庫で商品によるトラブルが起きたのは、このときが初めてではなかった。

アマゾン、従業員の宅配起業を支援

アマゾンが把握している経緯はこうだ。まず、開きやすい状態のフタ付きパッケージに入っていたエアゾール缶が飛び出して地面に落ち、別の物、おそらくアマゾンで働く従業員とロボットとを隔てる金網のフェンスに当たった。損傷した缶からは刺激の強いカプサイシンが漏れ出して空気中に広がり、従業員は目やのどへの焼けるような痛みを訴えることになった、というわけだ。

ちょっと変わった事故ではあったが、あらゆる商品を扱っている世界最大のネット通販サーヴィスゆえの課題が浮き彫りになった。今回の事故を受けてアマゾンは、米国にある30カ所の配送センターから数千個のクマ撃退スプレーや護身用の催涙スプレーを撤去したという。

さらに「誤って噴射されることがないように、こうした商品のパッケージをしっかりとホチキスで留めました」と、アマゾンで健康や安全、コンプライアンスなどを担当するヴァイスプレジデントのカーレッタ・ウートンは言う。変更された点は多くあるが、アマゾンはクマ撃退スプレーをより高度な安全基準に従って分類し、現在ではこういった商品がロボットによって扱われることはなくなった。

夏には新しい配送センターの第1号が稼働

将来的にアマゾンはクマ撃退スプレーのような危険性のある商品について、特別に設計された新しい倉庫に保管することを計画している。すでに計画は今回の事故が起きる前から動いており、ヴァージニア州にある8万平方フィート(約7,400平方メートル)の試験施設で設計が始まっている。

アマゾンは新しい倉庫の第1号としてミシシッピ州に50万平方フィート(約46,400平方メートル)の配送センターを開設し、今年の夏から運用を開始する予定だ。この配送センターはサッカーのフィールド9つ分に近い規模で、ほかのアマゾンの新しい倉庫に比べるとはるかに小さい。ここでは、ラメ入りのヘアカラースプレーからマニキュア、家庭用洗剤まで多種多様な商品が扱われることになる。

「ある種の商品を安全に保管するには、特別に設計された建物が必要だと考えています」と、ウートンは言う。これらの新しい倉庫では、「従業員の健康に悪影響を及ぼす危険性のある消費財を扱うためにテクノロジーを活用する」という。

1/3ページ

最終更新:5/24(金) 8:12
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事