ここから本文です

運転中の眠気はエアコン「内気循環」が原因! 1時間に1度の換気が必要な理由とは

5/24(金) 10:00配信

Auto Messe Web

JAFが車内の空気環境を調査

 冷房や暖房、除湿、曇り止めなど、年中を通して使用する自動車のエアコン。いまのクルマはAUTO(オート)にしておくだけで、四季を通じて車内を常に快適な状態に保つのだが、読者のなかには「内気循環と外気循環」の選択に迷った人がいるのではないだろうか。JAF(一般社団法人日本自動車連盟)が、ドライブ中の車内環境について検証。結果をホームページに公開しているのだが、一部を紹介したいと思う。

エアコンは温度設定だけでなく小マメに調整

 クルマの空調を「内気循環」にすべきか「外気導入」にすべきかという悩み。JAFでは、二酸化炭素(CO2)や一酸化炭素(CO)、酸素(O2)の濃度を計測できる空気環境測定器を車内に設置し、以下のテストを実施した。

 車両を2台用意しそれぞれの車両に4人が乗車。空調を「内気循環」と「外気導入」に設定して高速道路や郊外・山道、市街地を各1時間走行し、車内の環境について検証を行なった。また、花粉の量についても車内にプレパラートを置き、付着した花粉の量についても調査。 なお、走行の条件については「2台のテスト車両のエアコンフィルターを新品交換」「エアコンは”オート”の26℃設定」「窓をすべて閉め、乗降もなし」とした。

CO2量が増えると注意力散漫や疲労感アップ

 外気導入で走行すると、高速道路、郊外・山道、市街地すべてでCO2の濃度は常に1000ppm前後だったが、内気循環で高速道路を走行したクルマは最大で4520ppm。ただし、外気導入で高速道路のトンネル内を走行すると排ガスの影響もあり、一時的にCO2やCOの数値が高くなることもあった。

 そして、郊外・山道を内気循環で走行した場合のCO2濃度は最大で4730ppm。市街地走行では、CO2濃度は最大で6770ppmと、外気導入と比べて約6倍も高い数値となった。なお、O2の濃度はCO2ほどの差はないものの、内気循環では最大1%近く低下。乗車した人の中には眠気や軽い頭痛を感じる人がいる結果となった。

 東北大学大学院医工学教授の永富良一氏いわく「いくつかの研究報告によるとCO2の濃度が3000ppmを超えると、疲労感の増加や注意力の低下、さらに眠気や頭痛を訴える人が増加します。短時間では問題がないという結果もあるので一概には言えませんが、CO2が増えるほど影響が大きくなるのは明らかなので、運転中はできるだけ外気導入にするか、最低でも1時間に1回は換気するといいでしょう」。

 このように、疲労感の増加といった症状が現れるとされる3000ppmの約2倍となった内気循環での市街地走行では、安全運転のためにも定期的な休憩を取り、空気の入れ替えを積極的に心がけたい。

 また、花粉量の調査については、車内で花粉を確認はしたが微量という結果に。最近のエアコンフィルターはある程度花粉を除去できるため、外気導入でも心配する必要はあまりない。むしろ衣類に付着した花粉や乗降時に車内に付着した花粉を除去した方が重要といえる、とレポートしている。

最終更新:5/24(金) 10:00
Auto Messe Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事