ここから本文です

「絶滅してほしい生物」たち? 迷惑行為のイラスト化に反響

5/24(金) 13:32配信

KAI-YOU.net

企画作家の氏くんさんがツイートした「絶滅してほしい生物図鑑」に反響が集まっている。

【画像】絶滅を“歓迎”される生物たち

公開されたのは、話の主語が大きい「シュゴデカウルス」、これから梅雨にかけて活発に活動しそうな「カサウシロフルス」、ネットに生息する「ステルスバナー」の3匹。

ネットサーフィン中のあるあるや、日常で見かける迷惑行為などを皮肉ったラフなタッチのイラストが多くの共感を呼んでいるようだ。

その後、「イシナ原人」などの第2弾も公開されている。

ユーザーからも続々と挙がる絶滅してほしい生物たち

この氏くんさんのツイートには多くのリプライが寄せられている。「クチャラノドンも追加でお願いします!」「ヒョウロンカキドリもお願いします」「パワハラトプスも」など、秀逸なネーミングの絶滅してほしい生物が登場している。

特にステルスバナーは実害を被っている人が多いらしく、「ステルスバナー絶滅すべし慈悲はない」「広告ブロックで絶滅させよう」など蛇蝎のごとく嫌われている模様。

氏くんさんこと氏田雄介さんは、3年前の2016年にもバズワードとなったTwitter企画「あたりまえポエム」を生み出しており、その後反響のあまり書籍を出したという経歴の持ち主。

書籍のPR映像のナレーションは声優の梶裕貴さんが担当したことでも話題を呼んだ。

「絶滅してほしい生物図鑑」が書店に並ぶ日も近いかもしれない。

Yuuki Honda

最終更新:5/24(金) 13:32
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事