ここから本文です

1300年以上の歴史と縁結びで知られる:石川・羽咋 気多大社

5/24(金) 15:12配信

nippon.com

石川県羽咋(はくい)市の海辺にある気多大社(けたたいしゃ)は、奈良時代からの古社である。『万葉集』には、大社を参拝した際に大伴家持(おおとものやかもち、718年ごろ~785年)が詠んだ歌が収められている。

気多大社は「入らずの森」と呼ばれる3万平方メートルの広大な原生林の社叢でも知られる。森に鎮座する祭神の大己貴命(おおなむちのみこと)は縁結びの神様。数多くの女性が良縁を求めて参詣する。

映像:金沢ケーブル「なぜだか金澤~見つけて加賀・能登」

最終更新:5/24(金) 15:12
nippon.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事