ここから本文です

“ピッチ上の監督”長谷部誠はほぼ満点! 2部組では完全復活の宮市亮を評価【ブンデスリーガ日本人選手の通信簿】

5/24(金) 6:04配信

SOCCER DIGEST Web

リベロとして大車輪の活躍

 今シーズンのブンデスリーガは、バイエルン・ミュンヘンがドルトムントとのデッドヒートを制し、前人未到の7連覇を達成して幕を閉じた。

【PHOTO】C・ロナウド、アグエロ、エジル、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!

 そんなドイツの地で、激動のシーズンを送った日本人選手のパフォーマンスを100点満点でチェック。1部と2部を合わせ、11人のサムライ戦士のパフォーマンスを振り返る。

―――◆―――◆―――

長谷部誠(フランクフルト)…90点(ほぼ申し分なし)
【2018-19シーズン成績】
ブンデスリーガ=28試合・0得点・0アシスト
ヨーロッパリーグ=14試合・0得点・0アシスト
DFBカップ=1試合・0得点・0アシスト
DFLスーパーカップ=1試合・0得点・0アシスト

 昨夏に日本代表を引退し、肉体的にも精神的にも負担が軽減した影響はあるだろうが、35歳という年齢を忘れさせるフル稼働を見せ、公式戦44試合に出場した。プレー機会がより多かった同僚はGK以外では2人(ウイングバックのダニー・ダ・コスタとフィリップ・コスティッチ)しかおらず、すっかり板についたリベロとして大車輪の活躍ぶりだった。

 冴え渡ったのは先を読むプレー。相手の機先を制する動き出しや反応で、インターセプトからカバーリング、対人戦までハイレベルにこなした。ビルドアップの起点としても機能し、とりわけCFのセバスティアン・アレを目がけた正確なフィードは、チームの組み立てに欠かせない武器だった。味方に的確な指示(特に見られたのが19歳のCBエバン・エヌディカに助言を与える姿)を送るなど、“ピッチ上の監督”としても抜群の存在感を放った。

大迫勇也(ブレーメン)…60点(及第点の出来)
【2018-19シーズン成績】
ブンデスリーガ=21試合・3得点・3アシスト
DFBカップ=2試合・2得点・0アシスト

 1月のアジアカップ参戦と背中の負傷に伴う欠場期間(18~27節)が長く、リーグ戦3得点と不本意な結果に終わった。ただ、ブレーメンのフロリアン・コーフェルト監督から与えられたタスクは点取り屋のそれではなく、複数のポジション(ウイング、トップ下、2トップの一角)で攻撃を活性化とクオリティーを高めること。持ち前のボールキープや巧みな動き出し、正確なラストパスなどを駆使し、その役割をしっかりと消化した。

 悔やまれるのはシュートミスが少なくなかったこと。フランクフルトとレバークーゼンから各1ゴール、そしてバイエルン(リーグ戦とカップ戦で各1ゴール)のネットも揺らしたが、他のゲームでは決定機をモノにできないシーンが目立った。攻撃の全権を担ったエースのマックス・クルゼが退団する来シーズンは、今シーズン以上にフィニッシュ以外のタスクを課されるかもしれない。

1/4ページ

最終更新:5/24(金) 6:04
SOCCER DIGEST Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事