ここから本文です

書家になったモンキッキー、「おさるマン」への改名を妻が却下

5/24(金) 11:01配信

SmartFLASH

 時代がひとつ終わり、新しい元号を迎えた。平成の世を騒がせ、令和では復活を目指す「干された芸能人」モンキッキー(50)のいまに迫る!

 2004年に細木数子氏の番組で改名以来、干されたといわれるが、「改名がなければ自分はもっと早く消えていたと思います」と本人は語る。

 ちなみに現在は書家・宇都鬼(ウッキー)でもある。仕事がない時期、4歳から続けている書道に熱中していたとか。

「3年ほど前、『どん底が来たらバイトする』と妻(山川恵里佳)に話したら、『今だよ、気づかないのか?』と言われて……。そこから字の仕事にも力を注いでいます。

 名前ばかり変えてきましたが、令和は自分の中身で勝負したい。猿から人間になろうと『おさるマン』への改名を提案したら、妻に却下されました」


(増刊FLASH DIAMOND 2019年5月30日号)

最終更新:5/24(金) 11:01
SmartFLASH

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事