ここから本文です

「危険な乗り物」レベルまで進化! チューニングの世界に影響を与えたクルマとは

5/24(金) 18:40配信

Auto Messe Web

GT-Rは800馬力時代に入っていった

 1980年から2000年代の始めまでは国産車においてハイパワーなクルマが多く発売された時代だ。また、1990年代にはスポーツマフラーやサスペンションなどカスタマイズに対する規制が緩和されている。

ハイパワーエンジンを搭載したスカイラインGT-R

 そんなことから「チューニング」がひとつの時代を築いたときでもあり、ウソかマコトかの話だが、チューニングショップの開業、もしくは体制強化のため、銀行に融資の依頼をすれば「簡単に通った」という話もあったり、それまで地味な部署だったチューニング誌編集部が急に花形部署になったり、とにかくチューニングに関わる色々が「パワーアップしていた」時代だった。

 1980年以前のチューニングでは純正ターボエンジンがニッサンのセドリック・グロリアにしかなかったのでチューニングは必然的にメカチューンが主体だったので、車体と言うより「エンジンの人気」が先に立っていた感じでもある。

 その人気エンジンはニッサンのL型、A型。トヨタの2T-G、マツダの12A(ロータリー)といったところ。エンジンチューンにはお金も手間も時間もかかったので、車体は二の次。当時は吸気まわりがキャブレターで点火もシンプルだったのでエンジン載せ替えが容易。そんなことから作ったチューニングエンジンが載る「安価なクルマが人気」だったともいえる。

 1980年からはインジェクションの時代となる。そのためエンジンスワップが困難になるのでこの頃から明確に「人気車」が出てきた。つまりハイパワーでチューニングが可能なエンジンを積んだクルマだ。

 80年初頭のNo.1は日産のスカイライン2000ターボRSだろう。その後、マツダから2代目RX-7(FC3S)が出て、トヨタに70スープラ、20ソアラが登場して、このあたりが人気トップ集団を形成するが、この世代なるとチューナーも多様化してきて、以前の「おっかない職人系」だけでなく、やさしそうで洒落た雰囲気を持つチューナーが登場。その筆頭が横須賀のマインズだった。

 当時のマインズはソアラなどを主体に手がけていたので、その影響で硬派方向な振りだったチューニングカーにソフトな印象も出てきた。さらにECUチューンもこのへんから伸びてきたのでチューニングカーが作りやすい&乗りやすいものに変化。そしてブーストアップやハイフローターボなど、ちょっとユルいチューニングが流行っていった。

 そんなことからこの世代を引っ張ったのは20ソアラ&70スープラといえるのではないだろうか。 そして日産スカイラインGT-R(BNR32 )の登場だ。以前のチューニング界では430馬力というのがある意味天井だった。というのも当時のボッシュ製シャシーダイナモは430馬力までしか測れなかったからだ。

 また、FRで300馬力後半もあれば当時のタイヤやサスペンションでは十分刺激的で、そこが気持ち的(?)なリミッターにもなっていたし、実際かなり速く走れた。

 ところがエンジン本体やタービン交換まで変えたFR勢をブーストアップレベルのR32が抜いていく。これがきっかけとなりFRはハイパワー化を進めて、正直「危険な乗り物」レベルまで達することになった。また、同時にスカイラインGT-R(R32、R33)も800馬力時代に入っていった。

 さらにR32型スカイラインGT-Rはコーナリングも速かったため、サスペンションチューンなどもこの頃から急激に進化した。直線主体だったハイパワー車チューンにコーナー勝負(サーキットのタイムアタック)の舞台も作りあげ、それに伴いハイパワー+コーナー攻めに力を入れるチューニングショップも登場した。そんなことからこの世代の主役は間違いなくR32スカイラインGT-Rで、その影響は2000年代まで続いた。

 チューニングというとそれこそ1970年代から(それ以前か?)あるが、現在のスタイルの基礎はおそらく1980年代からのものだと思うので、今回はその時代の人気車(影響力があったクルマ)を主観だが挙げてみた。もちろん各時代に楽しく魅力的なクルマはたくさんあったので、当時を知る方には違う意見もあるだろう。

深田昌之

最終更新:5/24(金) 18:40
Auto Messe Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ