ここから本文です

大ヒット中の『アベンジャーズ』愛が炸裂したドットアニメ ファンアートの極み

5/24(金) 20:09配信

KAI-YOU.net

イラスト、ドット絵などのゲーム系グラフィックデザイナー・M.NishimuraさんがTwitterに投稿したアベンジャーズのドットアニメが大きな話題を呼んでいます。

【画像】ファン愛が炸裂

「Avengers+α!たくさんネタを仕込みました。分かるかな!?」というコメントとともに投稿されたアニメーションは、シリーズ1作目から登場するキャプテン・アメリカ、アイアンマン、マイティソー、ハルク、ホークアイ、ブラック・ウィドウの6人から始まり、シリーズの順を追うようにキャラクターが登場していきます。

アニメーションの中ではそれぞれのキャラクターのアクションシーンが再現されており、筆者は流れるように進む画面を止めて静止画でしばらく眺めてしまう程でした。

そんな芸の細かいことをドット絵で再現するM.Nishimuraさんの技術力に、アニメーションは現在4万6千リツイート(RT)、9万いいねを超える反響が寄せられています。

Twitterユーザーも「無限にみていられる!!」「やば、色んなところで止めてスクショしたくなるやつやん!」など完成度の高さに驚きを隠せない模様。

アベンジャーズの“カッコイイ”を凝縮したアニメーションですが、ロキがハルクに振り回される表情がなんともかわいらしいので是非アニメーションで確認してください。

マーベル作品最高傑作「アベンジャーズ/エンドゲーム」

アニメーションの元となった「アベンジャーズ」シリーズは、今年の4月にはシリーズ完結編となる「アベンジャーズ/エンドゲーム」が公開され、日本ではもちろん、世界中から注目されています。
「アベンジャーズ/エンドゲーム」逆転へ―。
シリーズ累計全世界興行収入は「スター・ウォーズ」シリーズを上回るという、もはや社会現象規模の影響力。

現在も絶賛公開中の本作。まだ観ていない方はこちらも合わせてチェックしよう。

吉谷篤樹

最終更新:5/24(金) 20:09
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事