ここから本文です

もはや修羅場はない? アンジー&ブラピの離婚後の動向が明らかに

5/24(金) 23:20配信

ハーパーズ バザー・オンライン

 お互いが正式にシングルになった今、アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットの修羅場もようやく落ち着いたようだ。あるインサイダーがETに、元夫婦の2人は前に進み、6人の子供たちのことを優先していると打ち明けた。
 「彼らは人生において前に進まなければならないとわかったんだ。もう、修羅場はないよ。事態は収拾した。彼らはこれまでも、今現在も、子供たちに何がベストかということにフォーカスしている」と、インサイダー。
 マドックス(17歳)、パックス(15歳)、ザハラ(14歳)、シャイロ(12歳)、ノックスとヴィヴィアン(10歳)は全員、「これからも週に何度かピットに会うよ」とも付け加えていた。

【画像】ブラッド・ピットの恋愛ゴシップ年表

4月、複数の情報筋がETに、ジョリーとピットが2人の間で子供たちの養育案について合意できたことが、家族全員にとって大きな変化をもたらしたと説明。

「その案は、過去にブラッドとアンジェリーナが直面していた、予定を立てることのプレッシャーを軽減した」と、述べていた。

「今、子供たちはどちらの親とも一緒に過ごせるようになって、幸せだし、うまくいっている」

また、その情報筋は「すべての点で合意したわけではないけれど、今はもう、滅多に議論することはない。ブラッドとアンジェリーナは、子供たちの予定を穏やかに話し合うことができるようになっている」とも

さらにその人物は、ピットは自分のキャリアにフォーカスしているとも加えている。現在、彼はカンヌ国際映画祭で共演のレオナルド・ディカプリオやマーゴット・ロビーとともに『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のプロモーション中だ。クエンティン・タランティーノ監督の同作には、アル・パチーノやダコタ・ファニングも出演。アメリカでは7月26日に公開される。

同様にジョリーも、ディズニー映画の続編『Maleficent: Mistress of Evel(原題)』で忙しい。エル・ファニングが再びオーロラ姫を演じ、ミシェル・ファイファーイングリス女王(Queen Ingrith)役で出演する同作は、今年10月18日公開予定になっている。

Translation: Mitsuko Kanno from Harper's BAZAAR.com

最終更新:5/24(金) 23:20
ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2019年10月号
2019年8月20日発売

特別定価:700円(税込)

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事