ここから本文です

【RIZIN】那須川天心、井上尚弥から強い刺激「負けていられない。ジャンルを超えて強くなりたい」

5/24(金) 19:20配信

ゴング格闘技

2019年6月2日(日)兵庫・神戸ワールド記念ホール『RIZIN.16』で、ISKA世界フェザー級王座決定戦を行うRISE世界フェザー級王者・那須川天心(TARGET/Cygames)が、5月24日(金)千葉のTEPPEN GYMにて公開練習を行った。

【写真】別角度からの那須川のオーバーハンドフック

 まだ対戦相手が決まっていない状態での公開練習。那須川はパンチのみのミット打ちを披露した。

 6月22日(土)にはプロボクシング世界三階級制覇王者・亀田興毅とのボクシングマッチも決まっており、先日5月18日にも2試合を行ったばかり。その影響については「いいところも悪いところもある。いいところはパンチの手数、打ち方のバリエーションが増えました。悪いところは改善していて、スタンスや踏み込み、重心が変わってきたらよくないというのがあるので、そこは修正しながら練習しています。難しさはあるけれど、そこまで苦ではない。ボクシングマッチが8回戦、10回戦となると練習の仕方は全然違くなるけれど、ラウンド数は慣れているラウンド数なのでそこはまだ大丈夫かな、と」と話した。

 また、18日にエマヌエル・ロドリゲスを2R1分19秒でTKOし、世界に衝撃を与えた井上尚弥について聞かれると、「本当に凄いですよね。悔しかったです。世界と戦って、差を付けられているというのか、負けていられないというのが凄くあります。全てがパーフェクトですよね。キックでは自分がトップでやっていますが、ジャンルを超えて強くなりたいです」と、大きな刺激を受けたという。

 公開練習ではオーバーハンドで打つパンチをミット打ちで見せたが、これは今回の世界タイトルマッチでも亀田戦のためでもなく「7月へ向けての練習中のパンチって感じです。オーバーハンドのパンチを。真っすぐになりすぎないように。スアキム選手は外からの攻撃に弱いのでそこをうまく狙っていきたいと思ってやっているパンチです」と、7月21日(日)エディオンアリーナ大阪にて開催される『RISE WORLD SERIES 2019 Semi Final Round in OSAKA』での世界トーナメント準決勝、ルンピニースタジアム認定スーパーフェザー級王者スアキム・PKセンチャイムエタイジム(タイ)戦へ向けてのものだと説明した。

 6月、7月と関西での試合が続くことに関しては「初めて見る方も多いと思うし、動画でしか見たことがない人もいると思うので、そういう人に東京へ行ってでも見たいと思う試合をしたい」と、関西のファンを魅了する試合をしたいと締めくくった。

最終更新:5/24(金) 19:20
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年5月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】世界を揺らせ&平成格闘技を総括
■堀口恭司×朝倉未来スパーリング対談
■武尊×不可思が盟友対談
■誰も知らない那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事