ここから本文です

芳根京子にユースケ・サンタマリアが「台本は風呂で読め」と助言

5/24(金) 16:00配信

SmartFLASH

 女優の芳根京子が、5月21日放送の『チマタの噺』(テレビ東京系)に出演した。

 番組で、司会の笑福亭鶴瓶から「台本の覚えは早いほう?」と聞かれると、「めちゃくちゃ遅いです。困ってます」と回答。このため鶴瓶から「(本番)ギリギリまで見るの?」と心配されるが、「お家で覚えます」と明かす。

 セリフ覚えが苦手という芳根だが、ある人物からアドバイスをもらったことがあるという。

「初めて映画の主演をやらせてもらったとき、事務所の先輩のユースケ・サンタマリアさんが『台本は風呂で読め!』と。『それだと覚えやすいんですかね?』って聞いたら、『湿気で台本がシワシワになるから読み込んだ感が出る』って(笑)。(言われた私は)『なるほど』と」

 同じ事務所であるだけでなく、芳根のマネージャーがユースケを担当していたこともあり、ユースケは芳根を気にかけてくれるそう。

 芳根のブログの最初の投稿日は2012年12月22日だが、そこに登場するのがユースケとのツーショット写真だ。撮影現場を見学に行った芳根は、はにかんだ表情でユースケと一緒にピースサイン。《事務所の先輩のユースケ・サンタマリアさんと一緒に写真を撮ってもらいました》と報告している。

 さらに、2013年1月19日には2回目の見学に行ったらしく、《また事務所の先輩のユースケ・サンタマリアさんとたくさんお話をして、いっぱい笑わせてもらいました(^o^)とっても楽しかったです》と投稿。7月14日の記事では《ユースケさんのアドバイス通りお風呂で台本読みこもーっと!》と意気込んでいる。

 また、2013年10月26日のブログでは、読者からユースケの印象について聞かれ《とっても面白くて優しい方です! 福島での撮影の前にお会いする機会があって、不安でいっぱいなんですとお話した時も、大丈夫大丈夫とアドバイスをたくさん頂いて、たくさん笑わせていただきました(^ ^) それでよし、頑張ろう!と福島に行けました》と明かしている。

 その後、TBSドラマ『小さな巨人』でユースケと共演することになったため、2017年5月14日のブログでは、初ブログとおなじ構図とポーズで写真を再現。《勝手に、不思議な気持ちです。。 1番はじめのブログの写真と比べて、私、ちょっとは大人になってるかな?笑》と投稿していた。

 芳根のブログにたびたび名前が上がるユースケ。朝ドラも経験し、若手女優として頭角をあらわす芳根の活躍を喜んでいるに違いない。

最終更新:5/24(金) 16:25
SmartFLASH

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事