ここから本文です

【RIZIN】白鳥大珠、王子キャラ返上!? 山口裕人のイケメン潰し予告に「自分のスタイルを貫くだけ

5/24(金) 19:59配信

ゴング格闘技

2019年6月2日(日)兵庫・神戸ワールド記念ホールで開催される『RIZIN.16』RIZINキックボクシングルール3分3Rで、WPMF世界スーパーライト級暫定王者・山口裕人(山口道場)と対戦するRISEライト級王者・白鳥大珠(TEAM TEPPEN)が24日、所属ジムで公開練習を行った。


【写真】R-1SE Forceとともに勝利写真に収まる長髪の白鳥

白鳥は幼い頃から極真空手を学び、キックボクシングに転向して2011年2月にプロデビュー。2013年12月に高校3年生でWPMF日本スーパーフェザー級王者になったが、2015年3月にプロボクシング転向。8勝3敗の戦績を残すと2018年4月にキックボクシングにカムバック。RISEで3連勝を飾り、大晦日の「RIZIN」ではウザ強ヨシヤと倒し倒されの試合を演じてKO勝ち。2019年2月にはRISEライト級王座を獲得し、3月には世界トーナメント「RISE WORLD SERIES 2019 -61kg」の1回戦でヘクター・サンチアゴから勝利を収めて準決勝進出を果たしている。キック復帰後は無敗で再びRIZINのリングに上がる。

TEPPENジムで那須川天心とともに公開練習に臨んだ白鳥は、これまでの王子キャラと変わって短めの髪型を披露。タイ人のジョートレーナーの持つミットに長い距離から打撃を打ち込んだ。

練習後、白鳥は「最近の試合では前髪が長すぎて(苦笑)、毎回目にたれてきてそれが結構、試合に影響してたかなと思います」とイメージチェンジの理由を語ると、対戦相手の山口による「長身でサウスポーで元ボクサーで男前が相手で1番嫌なんですよ」とのイケメン潰し発言に「そう言われることはありがたいですけど、それに対しては何も思わない」と受け流し、「相手の選手は、殴り合い上等の選手なので、そこに俺がつき合うか、つきあわないかが見どころ。まあ、つきあっても負けない自信があるので、問題ないです」と山口の地元・関西での試合でも打ち勝つことを宣言した。

1/2ページ

最終更新:5/25(土) 4:12
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年5月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】世界を揺らせ&平成格闘技を総括
■堀口恭司×朝倉未来スパーリング対談
■武尊×不可思が盟友対談
■誰も知らない那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事