ここから本文です

マツダの新型車「MAZDA3」にパイオニア製スピーカーが採用

5/24(金) 14:20配信

PHILE WEB

スピーカー配置に工夫した新オーディオシステム

パイオニアは、本日5月24日に発売となったマツダの新型車「MAZDA3」のオーディオ システム「マツダ・ハーモニック・アコースティックス」に、パイオニア製スピーカーが採用されていることを発表した。

Aピラーの2.5cmトゥイーターを2基、フロント/リアドアに8cmミッドレンジを2基、カウルサイドに12cmボックスウーファーを2基搭載。高音質パーツの採用に加え、マツダの構想に基づき、ウーファーをフロントドアでなくカウルサイドに設置・最適化することで、音の伝搬効率を向上させるとともにノイズを大幅に低減したとのこと。

パイオニアは「音にこだわった製品を生み出してきた当社の音響技術・ノウハウと、マツダのサウンドアーキテクチャに基づいたスピーカーレイアウトを組み合わせることで、原音に忠実でクリアな音質を実現しました」とアピールしている。

編集部:小澤麻実

最終更新:5/24(金) 15:23
PHILE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事