ここから本文です

金融緩和だけ大胆でも生産性は上がらない 生産性低迷の原因を考える

5/24(金) 18:00配信 有料

週刊東洋経済

【今週の眼】早川英男 富士通総研エグゼクティブ・フェロー

<2019年6月1日号> 4月6日号の本コラム「アベノミクス6年間での『発見』」で、筆者は全要素生産性(TFP)の低迷という事実を指摘したうえで、その原因を考えるのが経済学者・エコノミストの責務だと述べた。筆者自身まだ確たる答えを得るに至ってはいないが、今回は現時点で考えられる2つの仮説を紹介してみよう。 本文:1,251文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

早川 英男 :富士通総研エグゼクティブ・フェロー

最終更新:5/26(日) 23:35
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る