ここから本文です

『江藤淳は甦える』『最高裁に告ぐ』ほか 『貿易戦争の政治経済学 資本主義を再構築する』

5/24(金) 18:00配信 有料

週刊東洋経済

(写真:週刊東洋経済)

<2019年6月1日号> Dani Rodrik●1957年、トルコ生まれ。米ハーバード大学卒業後、プリンストン大学でPh.D.取得。現在、ハーバード大学ケネディ・スクール教授。専門は国際経済学、経済成長論、政治経済学。著書に『グローバリゼーション・パラドクス』『エコノミクス・ルール』など。

■行き過ぎた自由貿易に国内政治が勝った「今」

評者 BNPパリバ証券経済調査本部長 河野龍太郎

8年前に原著が出版された『グローバリゼーション・パラドクス』は衝撃的な内容で、グローバリゼーションと民主主義、主権国家の3つの同時追求は難しく、このまま先進各国がグローバリゼーションを推進すると、社会は分断され、政治が不安定化すると警告した。その後、英国はEU離脱を国民投票で選択し、今も政治混乱が続く。米国ではトランプ大統領が誕生し、米中貿易戦争が始まった。 本文:3,997文字 写真:6枚 ...

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:5/24(金) 18:00
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る