ここから本文です

最新作は『ターミネーター2』から27年後の世界、リンダ・ハミルトンとシュワルツェネッガーが再共演

5/24(金) 15:00配信

Rolling Stone Japan

『ターミネーター2』から27年後の世界を舞台にした最新作『ターミネーター:ニュー・フェイト』の予告編動画が公開された。予告編には、サラ・コナー演じるリンダ・ハミルトンとオリジナルのターミネーター、アーノルド・シュワルツェネッガーが登場。

記事中の動画を見る:最新作は『ターミネーター2』から27年後の世界、リンダ・ハミルトンとシュワルツェネッガーが再共演

アーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトンがスリリングなシリーズ最新作『ターミネーター:ニュー・フェイト』の予告編でついに再集結した。1984年に公開されたオリジナル『ターミネーター』での2人が、最新作にも登場することが決定した。予告編の映像では、何とも不穏な空気の漂うビョークの「ハンター」のカバーソングをバックに、爆発やスローモーションアクション、ロボット同士の戦闘シーンが映し出されている。

1991年に公開された『ターミネーター2』から27年後の世界を舞台にした今作は、サラ・コナー(リンダ・ハミルトン)とオリジナルのターミネーター(アーノルド・シュワルツェネッガー)が、スカイネットによって未来から送られた進化型ターミネーター(ガブリエル・ルナ)に狙われるダニ・ラモス(ナタリー・レヴェス)を守る任務に就く。未来からやってきた兵士グレース(マッケンジー・デイヴィス)もその任務に参加するが・・・と言うストーリーだ。

監督は『デッドプール』で知られるティム・ミラーが務め、脚本はデヴィッド・S・ゴイヤー、ジャスティン・ローズ、ビリー・レイが担当。また『ターミネーター1』『ターミネーター2』の監督を務めたジェームズ・キャメロンが製作、およびプロデューサーとして参加している。11月に全米、日本も公開予定だ。

Translated by Leyna Shibuya

Claire Shaffer

最終更新:5/24(金) 15:00
Rolling Stone Japan

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Rolling Stone Japan vol.06

CCCミュージックラボ

vol.06
2019年3月25日発売

1000円(税抜)

特集:HYDE
ヒプノシスマイク
モーニング娘。’19 ライブの舞台裏
特集「今のポップシーン」の主役たち

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事