ここから本文です

井上尚弥の新たなライバルに!? 五輪2大会連続金メダルのキューバの至宝がプロ転向へ

5/24(金) 15:33配信

THE ANSWER

トップランクと契約、早ければ今夏デビューと米報道

 ボクシングで2大会連続五輪金メダルのロベイシ・ラミレス(キューバ)がプロ転向し、大手プロモーター「トップランク」と契約することが決定的であることが明らかになった。米メディアが伝えている。

【動画】将来は井上尚弥との対戦も!? これが五輪連続金メダル、キューバの“至宝”ラミレスの高速ボディ打ち

 2012年のロンドン五輪ではフライ級で金メダル。16年のリオ五輪はバンタム級で金メダルと2大会連続で表彰台の頂点に立ったキューバの至宝が、いよいよプロとしてのキャリアをスタートさせる。

「ロベイシ・ラミレスがトップランクの下でプロ転向」と伝えたのは、米専門メディア「ボクシングシーン.com」だった。

 記事によると、「オリンピックで二つの金メダルを獲得したキューバ人は、プロモーションの大手トップランク社との契約に向け準備している」と報道。トップランク側はこの件についてコメントしていないというが、同メディアは早ければ今夏にもデビューの可能性を伝えている。

 ラミレスは25歳のサウスポー。2020年の東京で五輪3連覇に挑む可能性もあったが、昨年にナショナルチームから離れていた。プロならバンタム級~フェザー級を主戦場とすることが濃厚。またトップランクはWBSSバンタム級大会で決勝進出を決めた井上尚弥(大橋)にオファーを出していることも伝えられており、将来的に激突する可能性はある。

THE ANSWER編集部

最終更新:5/24(金) 17:54
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事