ここから本文です

足元のボールを見失う… “灯台下暗しの悲劇”が170万再生の衝撃「本当の出来事?」

5/24(金) 19:03配信

THE ANSWER

捕手がボールを見失い…2走者が生還し逆転サヨナラ負け

 米国の大学野球で信じられないような結末が、ファンに衝撃を走らせている。1点リードで迎えた最終回、捕手がボールの行方を見失う間に走者2人が生還。逆転サヨナラ負けを喫するシーンを、勝利したルイジアナ州立大が公式ツイッターで動画付きで公開。反響が広がっている。

【動画】「これは本当の出来事?」と困惑の声も… 足元のボールを見失い走者が生還してサヨナラ負け…悲劇の一部始終

 悲劇の舞台は現地時間23日に行われた、米国の大学野球、南東地区のトーナメント大会。ルイジアナ州立大とオーバーン大の一戦だった。

 オーバーン大が3-2とリードして迎えた9回裏、1死二、三塁。左腕投手が投じた1球はワンバウンドの暴投。捕手は体を張ってボールを止めたのだが、悲劇はここから始まった。

 ボールは足元。しかし、捕手は見失う。まるで“めがねめがね”状態なのだが、悲劇は続く。ボールを一塁ベンチ方向へ蹴ってしまう。しかしなおボールの行く先を追いきれない。そうこうしているうちに、三塁走者が本塁へ突入。カバーに入っていた一塁手がボールを捕球し本塁へ送るも、今度はこれが悪送球に……。

 ボールが三塁側ファウルゾーンを転々とするうちに、二塁走者も本塁へ生還。なんと2走者が帰り、逆転サヨナラとなってしまったのだ。喜びを爆発させるルイジアナ州立大ナインと、がっくりと肩を落とすオーバーン大の選手たち。まさかの結末が生んだ、残酷なコントラストだった。

反響の声続々「野球は奇妙なゲームだ」「言葉が出てこない」

 勝利したルイジアナ州立大が公式ツイッターで動画付きで公開。フォロワーからは驚きとも悲しみともつかない声が噴出している。

「12回見てまだ言葉が出てこない」
「野球は奇妙なゲームだ!」
「アナウンサーのリアクションが最高」
「残忍な終わり方」
「信じられない」
「これは本当の出来事?」

 動画の再生回数は170万回を突破。野球に、スポーツにドラマはつきものとはいえ、あまりに衝撃的な結末への反響は広がり続けている。

THE ANSWER編集部

最終更新:5/24(金) 19:03
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事