ここから本文です

ユベントス、PSGからブラジル代表DFマルキーニョス獲得に向けてトレード提案か

5/24(金) 8:10配信

Football ZONE web

ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFピアニッチを入れてトレード計画と伊紙報道

 マッシミリアーノ・アッレグリ監督の退任決定後、新監督が発表されていないユベントスだが、守備の強化に動いているようだ。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は、ユーベがパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表DFマルキーニョスの獲得に乗り出しと報じている。

 PSGとマルキーニョスの契約は、年俸650万ユーロ(約8億円)で22年6月までとなっている。PSGにとってマルキーニョスは、フランス代表FWキリアン・ムバッペ、ブラジル代表FWネイマール、イタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティと並ぶ放出対象外の4人のうち1人とされる。

 交渉は最低でも6000万ユーロ(約74億円)からスタートするものとされるが、金銭だけでPSGを口説くのは不可能に近い。そこでユベントスは、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピアニッチを交渉の一部に入れようとしているようだ。PSGは昨夏、ピアニッチの獲得に乗り出したが、ユベントスが放出を拒否。しかし、今夏は8000万ユーロ(約98億円)のオファーが届けば、放出に踏み切るとされている。

 元ローマのマルキーニョスは、ユベントス移籍に前向きであり、あとはクラブ次第だという。獲得を目指していたアヤックスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフトのバルセロナ移籍が秒読みと言われるなか、ユーベは次のターゲットに据えたマルキーニョスを獲得することはできるだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:5/24(金) 8:10
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事