ここから本文です

松居直美、同年代の“座長”福山雅治は「お肌がとてもキレイで驚きました(笑)」

5/24(金) 8:00配信

ザテレビジョン

5月26日(日)に放送される、福山雅治主演の日曜劇場「集団左遷!!」(毎週日曜夜9:00-9:54、TBS系)の第6話に、芸能生活37年目を迎える松居直美と女優歴50年の丘みつ子がゲスト出演する。

【写真を見る】主演の福山雅治の“美肌”に感激しきりの松居直美

松居が演じる樋口冴子は、自宅でネイルサロンを開くための融資の相談で蒲田支店へ。冴子は、福山演じる片岡支店長の妻・かおり(八木亜希子)の友人という役どころであり、蒲田支店へも、かおりの紹介で訪れる。

同年代だという、福山、八木、松居の息の合った掛け合いも見どころの一つだ。

そして、さまざまなドラマや映画で活躍し、現在も倉本聰脚本のドラマ「やすらぎの刻~道」(テレビ朝日系ほか)にレギュラー出演する丘は、女優歴50年にして日曜劇場に初出演する。

丘は、亡き夫の工場を守り続ける女性・西村雪子として登場。夫の死後、1人で工場を続けていくのが難しくなった雪子は、会社を畳むことを決意する。

丘が演じる雪子の決断は、蒲田支店の命運を左右する一件となり、重要な役どころである。

■ 松居直美コメント

共演させていただいた福山雅治さん、八木亜希子さんとは同年代ですし、私も私の周りの友達も見ているドラマなので、出演できて良かったです。

とにかく福山さんのお肌がとてもキレイで驚きました(笑)。それに八木さんのリラックスした“抜け感”のある雰囲気がすごく面白かったです。

撮影現場の雰囲気もすごく良くて、本当に皆さんの仲が良く、ピリピリ感の“ピ”の字もなかったですね。私も楽しかったですし、若い世代の方が伸び伸びとしているのを感じました。

一体感というか、そういった部分も画面を通して伝わればいいなと思います。

■ 第6話(5月26日放送)あらすじ

国外へ逃亡しようとしていた三嶋(赤井英和)を寸前のところで捕まえ、20億の融資詐欺を何とか免れて胸をなでおろす片岡(福山雅治)たち。

蒲田支店を含む12支店の廃店決定まで1カ月半を切り、頭取の藤田(市村正親)は、蒲田支店の業績が上がっていることについて言及する。

だが、横山(三上博史)は「目標の100億円に1円でも届かなければ、廃店は断行する」と厳しい態度を崩そうとはしない。

一方、片岡(福山雅治)が行員たちにハッパを掛ける中、片岡の妻・かおり(八木亜希子)の友人・樋口冴子(松居直美)は、かおりの紹介で、自宅でネイルサロンを開く相談のために蒲田支店を訪れる。

そして、廃店を阻止すべく、一丸となって突き進んできた蒲田支店と本部の最終決戦が行われる。(ザテレビジョン)

最終更新:5/24(金) 8:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン27号
6月26日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事