ここから本文です

U-20日本代表監督、前半の“停滞”に悔恨 「エクアドルが良いチームと強調しすぎた」

5/24(金) 10:07配信

Football ZONE web

影山監督が悔やんだ前半の戦い 「いつもやっていたことを放棄してしまった」

 U-20日本代表は現地時間23日、U-20ワールドカップ(W杯)のグループリーグ初戦で南米の強豪エクアドルと対戦し、1-1のドローに終わった。影山雅永監督は試合後、「エクアドルが良いチームだというのを私が選手たちに強調しすぎたことで、前半のようなパフォーマンスになってしまったのかなと反省しているところです」と、リードを奪われる展開になった前半の内容を悔やんだ。

【一覧リスト】FIFA U-20ワールドカップ ポーランド2019「グループB対戦カード&結果」

 グループリーグ突破を考えても大きな意味を持つ初戦のエクアドル戦に、影山監督は「相手の攻撃のスタイルにしっかり対応しながら、それを利用してしっかりボールを握ってゴール前に攻撃できる、そのようなことを意図して選手たちをチョイスした」と、勝ち点3を取るための11人を選択したという。

 しかし、前半は思ったようなサッカーを披露することができなかった。立ち上がりこそプレッシングをかけながらボールを奪い切って攻撃につなげていくシーンもあったが、徐々に相手がボールを持つ時間が長くなると、前半終了間際に失点。リードを許す展開を強いられてしまった。

 後半、GK若原智哉(京都サンガF.C.)のPKストップで息を吹き返し、後半23分にMF山田康太(横浜F・マリノス)が同点ゴールを奪ったが、その後チャンスを生かし切れずにドロー決着となった。

 試合後、影山監督は「初戦で相手に勝ち点3を渡して自分たちがゼロに終わるというのは避けたかった」と引き分けという結果に一定の満足感を見せながらも、「いつもやっていたことを放棄してしまったような前半だった」と、苦しい戦いを強いられた前半の内容に対して改善を求めている。

第2戦のメキシコ戦に向けて「今日の後半を最低限にしなければ…」

「エクアドルが良いチームだというのを私が選手たちに強調しすぎたことで、前半のようなパフォーマンスになってしまったのかなと反省しているところです。しっかりと顔を出してボールを運び、相手のプレッシングを外しながらゴールに迫っていく。そういうところは、今日の後半を最低限にしなければいけないと思っています」

 中2日で行われる26日のメキシコとのグループリーグ第2戦に向けては、「すでに我々のスタッフが全力を上げてリカバリーに努めているので、相手のメキシコよりもコンディションで上回って、第2戦をしっかり戦えるようにしたいなと思います」と前を向いた影山監督。初戦の勝ち点1をグループリーグ突破へつなげるためにも、エクアドル戦で見えた課題を短い期間で改善し、決勝トーナメント進出を決める白星を手にしたいところだ。

林 遼平 / Ryohei Hayashi

最終更新:5/24(金) 10:57
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事