ここから本文です

堺雅人のハマリ役、半沢直樹が令和でも「倍返し」?連ドラ2020まとめ

5/24(金) 13:31配信

ザテレビジョン

最終回42.2%の視聴率を弾き出し、平成の30年間に放送されたドラマの中で1位に輝いた「半沢直樹」が2020年の春、再び登場する(視聴率はビデオリサーチ調べ。関東地区)。この続編をはじめ、2019年が折り返してもいない5月下旬の時点で、すでに正式に発表されている「2020年スタートの連続ドラマ」をまとめてみる。

【写真を見る】大河主演に気合が入る長谷川博己。朝ドラ「まんぷく」の終了から1年もたたない中での出演となる

■ 半沢直樹の伝説が令和に刻まれる

TBSで2020年4月から放送される日曜劇場「半沢直樹(仮)」は、前作に続き、池井戸潤の半沢シリーズが原作。今回は「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」(文春文庫)を映像化する。

主演は堺雅人。堺演じる東京中央銀行のバンカー・半沢直樹が、大阪西支店融資課長から本部営業第二部次長に転じ、銀行内で行われていた数々の不正を明らかにするも、まさかの出向を命じられるという衝撃の展開で最終回を終えた前作。今作はその半沢が出向先の東京セントラル証券に赴任するところから物語が始まる。

果たして半沢直樹は、出向先でも次々に発生するトラブルを乗り越え、理不尽な要求を突き付ける相手に「倍返し」できるのか?

プロデューサーの伊與田英徳氏は、続編の決定に「大変うれしく思います。皆さんに感謝の倍返しができるように、全力で準備していきたいと思います」とコメントしている。

■ 大河は長谷川博己、朝ドラは窪田正孝

次にNHK。2020年1月から長谷川博己主演の大河ドラマ「麒麟がくる」(NHK総合ほか)がスタートする。

同作は、史料がほとんど残っていない20代の明智光秀の青春時代から始まり、織田信長、斎藤道三、今川義元、松永久秀、さらに豊臣秀吉や徳川家康といった英雄たちが天下を狙って戦う群雄割拠の時代を描く。脚本は池端俊策が手掛ける。

門脇麦、岡村隆史、石川さゆり、西村まさ彦、高橋克典、上杉祥三、尾美としのり、沢尻エリカ、染谷将太、堺正章、本木雅弘、伊藤英明と共演陣の一部も明らかになっている。

そして2020年の春から始まる連続テレビ小説第102作は窪田正孝主演「エール」(NHK総合ほか/「なつぞら」が第100作。第101作の戸田恵梨香主演の「スカーレット」は9月30日[月]スタート)。昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲の数々を生み出した作曲家とその妻の物語を描く。

銀行に勤める福島の青年と豊橋に住む女学生が、文通で愛をはぐくみ、電撃結婚。音楽によって強く結ばれた2人は、戦前・戦中・戦後を生き抜き、多くの名曲を生み出す。笑いと涙の中で生まれるそれらのメロディーは、激動の時代を生きる人々への “エール”となって、日本中に響き渡る。脚本は林宏司が担当する。

■ 日本版バウアーは誰だ?

2020年3月31日(火)まで開局60周年記念期間として、さまざまな展開を行うテレビ朝日では、米国ドラマ「24」の日本版リメーク「24 Japan」を制作し、2020年度にオンエア。

アメリカ連邦機関CTU(テロ対策ユニット)の捜査官ジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)が、凶悪なテロ事件と戦う姿を描いた「24」(邦題:「24-TWENTY FOUR-」)は、1シーズン(全24話/24時間)をかけて1日の出来事をリアルタイムで描くという革新的なスタイルと、スピーディーかつスリリングな展開で視聴者をくぎ付けに。

「24 Japan」では、24時間の出来事をリアルタイムで描くフォーマットはそのままに、随所にアレンジを追加。国際ネットワークやコンピューターの進歩、防犯システムの発展、国際情勢の激変など“2020年の最新テクノロジーと世界情勢”も盛り込みながら、手に汗握る“日本初のリアルタイムサスペンス”が繰り広げられる。

主人公の捜査官はもちろん、テロのターゲットとなる女性総理大臣候補など、キャスティングの発表が待たれる。

■ WOWOWは藤原竜也主演作を!

地上波以外に目を向けると、WOWOWでは、吉田修一のサスペンスアクション小説を、大規模な海外ロケを敢行し、映画&連続ドラマ化。

映画版は原作2部を基にWOWOWFILMS史上最大規模で製作し、2020年5月に全国公開。一方、ドラマ版は吉田監修のオリジナルストーリーをもとに製作され、WOWOWプライムにて2020年に放送される。

主演は藤原竜也。心臓に小型爆弾を埋め込まれ、24時間ごとに死の危険が迫るという、秘密組織のエージェント・鷹野一彦を演じる。

心臓に爆弾を埋め込まれた秘密組織のエージェント・鷹野(藤原竜也)と相棒の田岡(竹内涼真)。2人が24時間ごとに迫る死の危険を抱えながら、「新時代エネルギー」の極秘情報を巡り、各国のエージェントたちとの命がけの頭脳戦を展開する。

■ Netflixで中谷美紀×蜷川実花監督のタッグが実現

最後にNetflixでは、中谷美紀主演、蜷川実花監督のメガホンによるNetflixオリジナルドラマシリーズ「Followers」を、2020年初頭に全世界190カ国に配信する予定。

本作は、さまざまなライフスタイルを持つ女性たちが登場し、SNS社会において直接的、あるいは間接的に影響し合って生きていく姿と、現在の“TOKYOのリアル”を交えながら描いていくオリジナルストーリー。

中谷演じる主人公で人気写真家の奈良リミと、池田エライザ演じる、女優を目指して上京してきた百田なつめとの出会いを中心に物語は展開していく。

共演に夏木マリ、板谷由夏、コムアイ、上杉柊平、金子ノブアキ、ゆうたろうが決まっている。(ザテレビジョン)

最終更新:5/29(水) 19:53
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事