ここから本文です

吉沢亮、“あざとさ”も国宝級! 口元に付いたチョコを「とって?」

5/24(金) 4:00配信

ザテレビジョン

吉沢亮を起用した、「ガーナアイス」の「#あざとチョコキャンペーン」が5月24日(金)からスタート。吉沢が初挑戦した“あざとい”演技を彼女目線で見ることができる新WEBムービー「風呂上がり」篇、「寝起き」篇、「とって」篇の全3種類がWEB限定で公開された。

【写真を見る】ドライヤー姿も新鮮! お風呂上がりの吉沢亮

そして、撮影を終えた吉沢が、あざとい演技や、キュンとする“あざと女子”などについて語った。

■ 吉沢亮が“あざとい”演技に初挑戦!

「ガーナアイス」の、チョコがくちびるに触れた瞬間にとろけるという品質から、口元にチョコが付いてしまう現象を「#あざとチョコ」と命名。

WEBムービーでは、吉沢が年下彼氏、バンドマン彼氏、会社の後輩彼氏の3役を演じる中で「#あざとチョコ」を実践し、それぞれの役に合った“あざとさ”を表現している。

それぞれの役の“あざとさ”を完璧に演じている吉沢だが、実は“あざとい”演技をするのは今回が初めて。

全3種類のWEBムービーは全て彼女目線で制作されており、吉沢と一緒にアイスを食べたり、生活しているかのようなストーリーに。

さらに、ガーナ公式Instagramでは撮影中のメーキングやオフショットも公開。

ガーナ公式Instagramをフォローし、「#あざとチョコ」の投稿にコメントをするとガーナアイスが当たる、「#あざとチョコ」キャンペーンも実施中だ。

■ 吉沢亮、大好きなアイスをおいしそうに食べる

アイスは普段からよく食べるほど大好きという吉沢は、撮影の合間にも笑顔を見せながら「ガーナチョコアイス」を、おいしそうに食す。

しかし、撮影が始まると各カットで演じる役柄を入念に確認し、しぐさや立ち位置を入念に確認。

監督と真剣なまなざしで映像を確認し、演技で目を開けるタイミングや振り向くタイミング、口元のチョコの位置など細かい部分まで熱心に演技相談をしながら撮影に挑んだ。

そして、監督からOKが出るとスタッフと一緒になって喜ぶなど、長時間の撮影にもかかわらず最後まで疲れた顔を一切見せず、常に笑顔で現場を盛り上げた。

撮影終了後には、キャンペーン景品の作成用にチョコレート色の手形を取り、手形と一緒に写真撮影。最後まで現場を笑顔に包む吉沢に拍手が巻き起こり、撮影は無事に終了した。

■ 吉沢亮がキュンとするのは、ほどよくかわいらしい“あざとさ”!

撮影後、吉沢は“あざとさ”を演じるためのこだわりについて「寝起きの口元にチョコを付けるシーンで、自分の口の動き一つでチョコの付き具合が変わってくるので、どこまで付けるかというこだわりにとても苦労した」と明かす。

また、自身がキュンとする“あざと女子”については「ほどよくかわいらしい“あざとさ”! あまり気付かないくらいの“あざとさ”をされたらほれてしまうかも。やり過ぎは良くないですね!」と熱弁を振るう。

そして、WEBムービーの注目ポイントを「こんなにカメラ目線で、何かを演じたのは初めて。今まで見せたことがない新しい吉沢亮が映っているWEBムービーになっているので、その部分にぜひ注目してほしい」と語り、「あとは、口元のチョコの付け具合は本当に苦労したので、そこは見てもらいたい」とメッセージを送った。

■ 「風呂上がり」篇

お風呂上がりに、髪の毛を乾かしながら「ガーナアイス」を食べる吉沢。彼女が「ねぇ、それ私のアイスなんだけど!」と話し掛けるも、ドライヤーの音で声が聞こえない。

彼女が話し掛けていることを鏡越しにやっと気付き、「何?」と振り返る吉沢の口元にはチョコレートが。口元のチョコをペロッと舐め、「何?」と再び聞く吉沢さんのあざとさに、彼女も「もう!」としか言えず…。

■ 「寝起き」篇

とある休日の午後、メガネを掛けたまま昼寝している吉沢。彼女がメガネを外してあげた拍子に目が覚め、彼女が手に持っているガーナチョコアイスを「一口ちょうだい」とおねだり。

「あーん」と口を開けますが、寝ぼけた吉沢はアイスになかなか辿り着けず、彼女と笑い合う。やっとアイスを一口かじりますが、口元にはチョコレートが。そのチョコをセクシーに舌で舐めた吉沢が、「もう一口ちょうだい?」とあざとく微笑む。

■ 「とって」篇

ガーナアイスを食べながら窓から外を眺めていると、偶然花火を見つけた吉沢。「来て、来て!」と彼女を呼び、「きれいですね!」とほほ笑む口元にはチョコレートが。

彼女に言われて口元のチョコレートに気付くと「とって?」と何度もかわいくおねだりする、吉沢のあざとさが全開。口元のチョコレートをペロッと舐めて、彼女を見詰めるシーンでムービーは終わる。(ザテレビジョン)

最終更新:5/24(金) 4:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン34号
8月16日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事