ここから本文です

「人生で1回、あるかないか」 コパ・アメリカ招集の久保建英にFC東京監督がエール

5/24(金) 14:53配信

Football ZONE web

各年代の代表に選手を輩出 長谷川監督は「クラブとしては喜ばしいが…」と苦笑

 FC東京は24日、翌日に控えた第13節・セレッソ大阪戦に向け、小平の練習場で完全非公開のトレーニングを行った。練習後、囲み取材に応じた長谷川健太監督は、C大阪との一戦に向けて、またコパ・アメリカに選出されたMF久保建英についてコメントした。

【一覧】コパ・アメリカ2019「出場国&グループリーグ組み合わせ&日本代表メンバー23人」

 前節、C大阪はガンバ大阪との大阪ダービーに0-1で敗れたが、長谷川監督は「前節はアウェーのダービーでした。その前のホームゲームでは、横浜FMに快勝(3-0)しています。都倉(賢)選手の負傷は痛いと思いますが、前線に個の力を持ったタレントはたくさんいます。後ろにも能力の高い選手がそろっていますので、難しい試合になるのかなと思っています」と、C大阪のホームでの強さを警戒する。

 また、2014年から17年までG大阪を率いていた指揮官は、「夏場と違って、まだ体が(暑さに)慣れていない部分があると思います。大変なタフな試合になるのではないでしょうか。関西、大阪の夏は非常に湿度が高いので。週末の湿度が高いかは分かりませんが、どちらにしても午後3時キックオフのゲームなので、条件的には非常に難しいのかなと思います」と、関西の暑さも警戒した。

 J1リーグで12節を終えて無敗で首位を走るFC東京だが、長谷川監督は今後、メンバー構成に悩まされることになりそうだ。この日、コパ・アメリカの日本代表にMF久保建英が招集されたが、それ以外にもトゥーロン国際大会にGK波多野豪、DF岡崎慎、U-20ワールドカップにはFW原大智も選出されている。こうした選手たちの招集について、指揮官は「クラブとしては喜ばしいことですが、現場としては難しいことになっています」と苦笑する。

 それでも、「選手の成長を考えると、国際舞台で経験できることは非常に貴重な経験だと思いますし、日本のなかでも選ばれた選手しか経験できないことです。選手にとっても、クラブにとっても良いことだと思います。現場は、いる選手でなんとか戦っていきたいというふうに思っています」と、代表招集を歓迎した。

1/2ページ

最終更新:5/24(金) 16:17
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事