ここから本文です

神戸の迷走と「助っ人依存型」の限界 時代錯誤に映る“中国流”強化のアプローチ

5/24(金) 20:05配信

Football ZONE web

ACL浦和戦で顕著だった、北京国安の助っ人選手と中国人選手の分離

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ最終節で、浦和が同勝ち点の北京国安を3-0で圧倒し決勝トーナメント進出を決めた。北京国安は国内リーグで開幕から10連勝と破竹の勢いだったようだが、完全な“助っ人依存型”のチームで中国人選手たちとの分離が顕著。MFにレナト・アウグスト(ブラジル)、ホナタン・ビエラ(スペイン)、FWにはセドリック・バカンブ(コンゴ民主共和国)を擁し、ほぼこのトライアングルだけでボールを回す。

 浦和のオズワルド・オリヴェイラ監督は、「R・アウグストとビエラに厳しく」と指示したそうだが、逆に2人からバカンブへのパスコースを断てばリスクが遠退く状況で、浦和はゴールシーン以外にも5度ほど決定機を築く快勝だった。

 北京国安を指揮するドイツ人のロジャー・シュミット監督が、「まだ細部に足りないことが多い。学ぶことの多い試合だった」と振り返るように、総じて中国勢のチーム作りは似ていて、助っ人トリオの力が傑出し、中国人選手たちがまったく共演できていない。R・アウグストやビエラが最終ラインの前まで降りてボールを受けると、中国人選手に指示を出して動かすシーンが何度も見られた。

 皮肉にもJリーグ勢4チームでは、国内で2連覇中の川崎フロンターレだけがグループステージで敗退したわけだが、その川崎を抑えて決勝トーナメントに進出した上海上港と北京国安との端的な違いは、フッキ、オスカルが示した個の破壊力だった。逆に北京国安のシュミット監督も、かつて広州恒大を率いたルイス・フェリペ・スコラーリ監督も認めていたように、歴史で上回るJリーグは国産選手の育成で中国に大きく先んじている。北京国安を下した浦和で軸を成すのは日本人選手たちで、こうした状況を考えれば、ヴィッセル神戸式のアプローチが成功し難いのは容易に推察できたはずだ。

 例えば、直近で神戸のアンドレス・イニエスタ、ルーカス・ポドルスキが揃って出場したのが、4月14日のJ1リーグ第7節サンフレッチェ広島とのアウェー戦(2-4)だが、チーム全体の総走行距離では相手より約10.6キロメートルも少なかった。もちろんその分、彼らがボールを持てば高い精度の創造性を見せるわけだが、当然往年のスピードやハードワークは望めない。2人が不在だった5月18日の第12節、アウェーの横浜F・マリノス戦は、フィールドの助っ人選手が揃えば弾き出される韓国代表GKキム・スンギュの奮闘も虚しく、1-4の完敗だった。

1/2ページ

最終更新:5/24(金) 23:12
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事