ここから本文です

池間夏海、オール宮崎ロケで「“宮崎の子”になってきているような感覚です」

5/24(金) 17:01配信

ザテレビジョン

9月11日(水)に放送される、宮崎発地域ドラマ「ひなたの佐和ちゃん、波に乗る!」(夜10:00-11:00、NHK BSプレミアム)のロケ取材会が行われ、池間夏海、田中麗奈、玉山鉄二らが出席した。

【写真を見る】爽やかに自転車をこぐ池間夏海の最新シーンカット!

同作は、変化に富んだ海岸線と豊かな波、温暖な気候に恵まれていることからサーフィンが盛んな宮崎が舞台。

そこでひなたのような明るさと温かさを持つ1人の女子高校生が、元々は嫌いだったサーフィンとの出合いを通して自分の殻を破り、成長していく姿を、爽快感に満ちたタッチで描く。

■ 食べ物もおいしくて、景色もきれいで、人も本当に温かい

主人公の佐和を演じる池間は、「オール宮崎ロケで、今日が(撮影開始から)29日目になります。ロケを通じて“宮崎の子”になってきているような感覚です。宮崎は、食べ物もおいしくて、景色もきれいで、人も本当に温かいです」とコメント。

役どころについては、「細島に住むTHE BLUE HEARTSが大好きな軽音部の高校3年生です。とても家族思い、友達思いで、ド直球な子です。喜怒哀楽が激しくて演じるのが難しいと感じることもありましたが、芝居の稽古や方言指導を受けさせていただきながら、だんだんと佐和になっていく感覚がありました」と語った。

■ 夏海ちゃんがとてもしっかりされている

佐和の母親・佳子役の田中は、「主演の夏海ちゃんがとてもしっかりされているので、とても安心して撮影に臨んでいます。夏海ちゃんは、周りの演出にもしっかり応えて、真っすぐ演じていらっしゃるので、とても居心地よく過ごさせていただいています」と池間の座長っぷりを絶賛。

また、「佳子は娘の佐和に『歌手なんかで食べていけるわけないやろ』と言って、将来のことをしっかり考えてほしいと思っている現実主義な母親です。実は私も16才のとき、母に同じようなことを言われたことがありました」と自身の経験を振り返る。

「こうして母親の視点になって演じてみると、あの時の自分と作品が重なりました。自分がそんなせりふを言うことになるとは、とても感慨深いです」とも語り、役柄と共感しているようだった。

一方、玉山が演じるのは佐和の父親で楽観主義な卓。役柄について、「海の目の前にキャンピングカーを止めてサーフィンにふける、どうしようもない父ちゃん。佐和ちゃんとたくさんお芝居していく中で、堕落しているお父ちゃんを演じるのが心地よく感じてしまっています(笑)」と冗談交じりにコメント。

さらに、「僕は4キロメートルも続くようなビーチを見たことがなくて、本当にビーチは、宮崎の宝だと感じました。食事もおいしいですし、人も優しいですし、居心地のよい街です」と宮崎の印象を語る。

また、作中には地元の祭りや郷土料理なども登場すると明かし、「宮崎の魅力が詰まっていますので、県外だけでなく、県内の方も楽しんでいただけると思います」とアピールした。(ザテレビジョン)

最終更新:5/24(金) 17:01
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン34号
8月16日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事