ここから本文です

日経平均株価は10月まで軟調かもしれない

5/24(金) 6:00配信

東洋経済オンライン

いきなり「7連敗」で始まった令和相場。カリスマ投資家の内田衛氏は相場が下がると見て機動的に日経平均先物のプットプションを購入。幸いしっかり利益をあげた。内田氏は今後の相場をどう見ているのだろうか。早速株日記で見てみよう。

■日経平均が下がると見て20万円でプットオプション購入

 【5月6日 月曜日】こどもの日振替休日。1時37分、ドナルド・トランプ大統領が、対中関税25%に引き上げ表明。

 【5月7日 火曜日】NYダウは一時470ドル安まで下がったが、引けにかけて下げ渋り、66ドル安の2万6438ドル。日経平均は、335円安の2万1923円。優待目的保有のオリックス(8591)の2019年3月期決算は、5期連続最高益で、期末配当46円(前期39円)で、年76円(前期66円)となった。本日終値は、1円安の1570.5円。

 【5月8日 水曜日】日経225先物は、280円安の2万1660円、NYダウは、米中貿易戦争懸念で、472ドル安の2万5966ドルと大幅安で一時、562ドル安まで下げる場面があった。

 連休前の4月25日に業績の上方修正発表で反発していたクレジットカード大手のジャックス(8584)が大幅続落で、83円安の1750円。業績上方修正で上げた分、2日で下げてしまった。

 14時51分、日経225先物5月限2万1000円プットオプションを22円(前日比+8円)で5枚、18円で5枚買う。投資金額は、20万円。2万1000円のプットオプションとは、日経平均を2万1000円で売れる権利で、日経225先物価格が、2万1000円以下になると権利を行使して価値が出る商品。しかも期日が第2金曜日の寄り付き(5月10日)と迫っており、時間的価値が残っていない分、安く買える。日経平均は、321円安の2万1602円。

 16時30分、ナイトセッション(夜間取引)スタート、17円で寄り付く。16時58分、平均買値20円で10枚買ったプットオプションは、約2時間で14円まで下げる。売買できるのは、明日の15時15分までで、明後日の寄り付きが、2万1000円以上であれば、プットオプションの価値はゼロ(紙くず)となってしまう。

■オプション価格急上昇、首尾よく利確! 

 日経225先物が下がってきて、オプション価格も急上昇し、19時06分、54円(前日比+36円)で5枚売り、15万9385円の利益確定。買いは22円。2時間でオプション価格は14円から54円まで上がり、3.85倍となった。株式投資ではありえないほどのハイリスクハイリターンだ。全部売ってもよかったのだが、これから始まるNY市場が下がり、日経225先物が下がることによって、プットオプション価格がさらに上昇することも予想されたので、18円で5枚買ったポジションは残した。54円で5枚売ったのは、20万円の投資資金を回収し、残りの5枚がゼロになっても7万円の利益が確保できるようにと考えたからだ。

1/4ページ

最終更新:5/24(金) 6:00
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事