ここから本文です

メイ首相、「首」と「再投票」でも議会の壁は厚い

5/24(金) 6:00配信

東洋経済オンライン

 英国のテリーザ・メイ首相が本日(日本時間の24日夜)にも辞任するという報道が飛び交っている。首相が「再国民投票」を条件付きで容認する方針であることに抗議して、22日には政権幹部のアンドレア・レッドサム下院院内総務が辞任しており、圧力が強まった。事態は刻一刻と悪化している。もう何度目かの試みとなるが、英国のEU(欧州連合)離脱――ブレグジット交渉の現状と展望について論点整理をしておきたい。

この記事の写真を見る

 10月31日までの離脱延期というEUによる最後の温情を得た英国だが、時間を空費する状況は一向に変わっていない。メイ首相の「首」や「再国民投票」以上のカードはもう残されておらず、EUとの交渉が終局に向かうかどうかは怪しいが、少なくともメイ政権が終局にあることは間違いなさそうだ。

 目先の注目点は6月3日の週に予定されている離脱協定案についての4度目の下院採決だ。金融市場はメイ首相がどのような戦術を繰り出してくるのかと構えているところだが、もはや過去3回ほどの緊張感はない。5月17日に行われた与野党協議が決裂しているため、4度目も否決が不可避とわかりきっており、関心が薄れるのも当然である。離脱期限が10月31日まで延期されているため緊張感が緩んでいるという面も否めない。良くないことだが、市場参加者を含めた全ステークホルダーが「何とかなる」と思っているのが現状に近いだろう。

■4度目の下院採決も敗色が濃厚

 現行案はもう直せるところは全部直した結果であり、あとは議員の気持ちが変わるしかない。にもかかわらず、これを期待させるような報道はまったくない。労働党党首のコービン氏は首相辞任や再国民投票というフレーズを前にしても「これまでの案の焼き直しにすぎない」と一蹴している。21日、メイ首相は「全党、全議員に申し上げたい。私は譲歩した。今度はあなた方に譲歩をお願いしたい」と最後の嘆願をしているが、こういった平身低頭な説得が奏功するような状況ではもはやないのだろう。

1/4ページ

最終更新:5/24(金) 6:00
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい