ここから本文です

コパ・アメリカを戦う日本代表スタメン予想。平均年齢22.1歳、久保建英のポジションは?

5/24(金) 16:15配信

フットボールチャンネル

 日本サッカー協会(JFA)は24日、はコパ・アメリカ2019(南米選手権)に臨む日本代表メンバー23名を発表。フットボールチャンネル編集部では、コパ・アメリカを戦う日本代表のフォーメーションを予想した。

【動画】日本、未来の布陣はこれだ! 4年後の日本代表イレブンを予想

 A代表ではこれまで、4-4-2(4-2-3-1)のフォーメーションが採用されてきたが、今回は東京五輪世代(U-22日本代表)が18名も選出。この年代では3-4-2-1も併用されており、今大会でもそのフォーメーションが採用される可能性がある。

 GKには今季、サンフレッチェ広島でリーグ戦全試合に出場中の大迫敬介が有力。選出されたGK3名の中で唯一、所属クラブで出場機会を得ており、コパ・アメリカでもゴールマウスを守ることが期待される。

 仮に3バックが採用されるとすると、3バックは(右から)立田悠悟、冨安健洋、杉岡大暉。立田は昨季、清水エスパルスで主にSBとしてプレーしたが、今季はCBでプレー。湘南ベルマーレの杉岡は左WBを主戦場とするが、2017年は3バックの左を主に務めていた。中央の冨安は盤石だろう。

 ボランチには柴崎岳、中山雄太。リーグ戦では7試合の出場に終わった柴崎だが、代表での実績は十分であり、中盤の軸になるだろう。柴崎の相棒には中山を予想。今冬、オランダ・ズヴォレに移籍した中山は怪我に苦しんだが、リーグ戦ラスト2試合でフル出場を果たしている。

 WBは菅大輝と原輝綺。昨季33試合に出場した菅は今季もここまで12試合に先発。原も今季9試合に先発しており、クラブでレギュラーを張る両選手が、両サイドを務めることになるだろう。

 2シャドーにはA代表でも主軸を務める中島翔哉と、久保建英を推す。首位を走るFC東京では2試合連続ゴールを決めており、A代表での活躍も期待される。

 1トップには岡崎が適任か。リーグ戦の先発出場は1試合のみに終わり、今季限りでレスターを退団したが、日本代表での実績を考えると、岡崎が1トップとしてはふさわしいだろう。

 フットボールチャンネル編集部が予想する、日本代表の先発メンバーは以下の通り。

GK
大迫敬介(19歳・サンフレッチェ広島)

DF
立田悠悟(20歳・清水エスパルス)
冨安健洋(20歳・シント=トロイデン)
杉岡大暉(20歳・湘南ベルマーレ)

MF
菅大輝(20歳・北海道コンサドーレ札幌)
中山雄太(22歳・ズヴォレ/オランダ)
柴崎岳(27歳・ヘタフェ/スペイン)
原輝綺(20歳・サガン鳥栖)

FW
中島翔哉(24歳・アル・ドゥハイル/カタール)
久保建英(18歳・FC東京)
岡崎慎司(33歳・レスター/イングランド)

平均年齢:22.1歳
※年齢はグループステージ初戦(6月17日)時点のもの

フットボールチャンネル編集部

最終更新:5/24(金) 16:47
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事