ここから本文です

トッテナム指揮官ポチェティーノが残留を強調。「これ以上のクラブはない」

5/24(金) 22:00配信

フットボールチャンネル

 イングランド・プレミアリーグのトッテナム指揮官マウリシオ・ポチェティーノはユベントスなどの指揮官就任の噂もあるが、残留を強調したようだ。英メディア『デイリー・メール』などが現地時間の24日に報じた。

 ポチェティーノは2009年から2012年までスペインのエスパニョールで指揮。その後、2013年から1年間イングランドのサウサンプトンで指揮を執った。低迷していたサウサンプトンをクラブ初の8位に導いた。その功績が認められ、2014年にトッテナム指揮官に就任し、今季のUEFAチャンピオンズリーグではクラブ初の決勝に導いた。

 そんなトッテナム指揮官にはマッシミリアーノ・アッレグリ監督が辞任を発表したユベントスが興味を示していた。だが、ポチェティーノはその噂を否定し、クラブに残留するようだ。

 イギリスのラジオ局『トーク・スポルト』のインタビューでポチェティーノは「ここの練習場と新スタジアムは世界一だ。これ以上のクラブはないね。クラブはロンドンにある。これ以上の街はないし、プレミアリーグは一番タフでエキサイティングなリーグだ」と話し、トッテナムでの仕事に満足しているようだ。

 トッテナム指揮官はこの最高のクラブで、欧州No.1の称号を手に入れることができるのだろうか。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:5/24(金) 22:00
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事