ここから本文です

アラブの王族が天皇陛下を尊敬する理由

5/24(金) 6:10配信

デイリー新潮

 中国との貿易戦争の真っ只中、今月25日にトランプ米大統領が国賓として来日する。貿易問題以外にも、対北朝鮮政策など、安倍首相と話し合うテーマは多くありそうだが、今回のもう一つのトピックは、新天皇が初めて迎える国賓だという点だろう。つまりトランプ大統領は、今月即位された天皇陛下と初めて会見する外国首脳であり、宮中晩餐会も開かれる予定だ。

 国賓を宮中晩餐会でもてなす様子は、日本人にとってはお馴染みの光景だ。しかし、首相による晩餐会と、宮中晩餐会両方で賓客をもてなすというやり方は、世界的に見るとそう多いわけではない。当然のことながら、皇室、王室を持たない国ではこうしたやり方は不可能だ。

 憲法上、天皇は国政に関する権能を持たないのだから、宮中晩餐会は、一見、単なるセレモニーに見えるかもしれない。しかし、ジャーナリストの西川恵氏は、新著『皇室はなぜ世界で尊敬されるのか』でそうした一面的な見方を否定する。それどころか「皇室は日本にとって最大の外交資産である」とまで言い切るのだ。たとえば、こんな例があるという(以下、引用はすべて同書より)。

「2009年に先の両陛下は12日間にわたってカナダを訪問した。両陛下が西海岸のバンクーバーを発って帰国の途に就いた翌日、7月15日付の日刊紙『バンクーバー・サン』はこう訪問を総括した。

『深い思い出と人間同士の結びつきを作った両陛下のカナダの旅であった。このような善意と友情と愛情の分かち合いを基礎に、我々は将来を築いていけるのである』

 日本とカナダはいま友好国だ。しかし大戦中は交戦国で、カナダの日系人は敵性外国人として収容所に入れられた。日系人が市民権と参政権を得て、カナダ国内を自由に移動できるようになるのは、戦後の1949年である。カナダ政府が戦争中と戦後の政策は誤りだったと認め、賠償するのは88年である。これを押さえて記事を読むと、より深い意味合いが浮かび上がってくる」

 西川氏によれば、皇室を外交資産たらしめているものは「皇室の長い歴史と伝統の蓄積、それに立脚した先の両陛下を中心とした皇族の人間力とでもいうべきものだ」と言う。もちろん、首脳だろうがメディアであろうが、他国の王室、皇族に敬意を示すのは普通のことである。しかし、天皇へのそれは単なる社交辞令を超えたものがある。西川氏が同書の中で紹介しているのは、アラブの王族にまつわるエピソードだ。

1/2ページ

最終更新:5/24(金) 11:52
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事