ここから本文です

NBAプレーオフの舞台裏。 カリー対カリーは「特別な時間だった」

5/24(金) 7:17配信

webスポルティーバ

5月12日、ポートランド・トレイルブレイザーズがウェスタン・カンファレンス・セミファイナル第7戦でデンバー・ナゲッツに勝利し、シリーズを制すると、ブレイザーズのセス・カリー(SG)はウェスタン・カンファレンス・ファイナルの対戦相手となるゴールデンステート・ウォリアーズのひとりの選手からテキストメッセージを受け取った。

【写真】デュラントと渡邊雄太とのマッチアップ

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。

 そのメッセージには、こうあった。

「火曜に会おう。楽しみにしている」

 送り主は、兄のステフィン・カリー(PG)。こうして、ウェスタン・カンファレンス・ファイナルでの「兄弟対決」の幕が切って下ろされた。

 セス・カリーにとって、人生最初のライバルは2歳半上の兄、ステフだった。子どもの時は、毎日のように1対1の勝負をしていたものだった。

「よくある話だ」と、ステフは振り返る。

「いつも、1対1ばかりしていた。どの兄弟でもよくあるように、いつも激しい競争になった。セスはいつも、僕のファウルがファウルにならないことに『ズルい』と言っていた。これもよくあることだね」と笑う。

 父のデルも、「ふたりとも意思が強いから、少しするとだいたい喧嘩(けんか)になる。そうなったら、私か妻が間に入らなくてはいけないほどだった」と、当時の思い出を語る。

 デルがNBA選手だっただけに、ふたりにとってNBAは身近な世界だったが、それでも夢の舞台であることには変わりなかった。ステフは名シューターのレジー・ミラーになった気分で、セスは憧れのトレイシー・マグレディのつもりで、NBAのコートで戦っている自分たちを想像しながら、勝っては喜び、負けては悔しがり、切磋琢磨してきた。

 その頃に夢見ていたことが現実になるには、少し年月が必要だった。

 ステフは2009年にドラフト1巡目指名でウォリアーズに入り、初期の故障以外は順調なキャリアを送ってきた。これまでにMVPを2回受賞、優勝を3回経験している。一方のセスは、2013年デューク大を出た後もドラフトされることなく、最初の2シーズンはマイナーリーグと10日間契約で、NBAチームを行ったり来たりする日々だった。

1/4ページ

最終更新:5/24(金) 7:17
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事