ここから本文です

井端弘和が効率の悪い中日打線に喝 「漠然と打席に入るのが一番ダメ」

5/24(金) 6:37配信

webスポルティーバ

井端弘和「イバらの道の野球論」

 与田剛新監督のもと、シーズン開幕から好スタートを切った中日。4月17日には3年ぶりにリーグ2位に浮上し、一時は首位に0.5ゲーム差まで迫ったが・・・・・・そこからジリジリと後退し、5月23日時点で最下位DeNAに0.5ゲームと迫られる5位に甘んじている。

【写真】 斉藤和巳が松坂世代に抱いたジェラシー「20勝してもまだ足りない」

 チーム打率は巨人(.265)に次ぐリーグ2位の.256と好調で、昨季ワーストだった投手陣の防御率(4.36)も改善されつつある。にもかかわらず、なぜ白星が伸びていかないのか。1998年から2013年まで中日でプレーし、現在は解説者として活躍する井端弘和に、苦しむ古巣の現状を分析してもらった。

──ここまでの中日の戦いをどのように見ていますか?

「5カード連続負け越しはありましたが、打線が活発で、リリーフ投手陣が安定してきたのは大きいですね。クローザーの鈴木(博志)が少し不安はあるものの、安定感はセ・リーグでトップクラス。相手チームに、『6回までにリードしないといけない』というプレッシャーをかけることができていると思います。

 特に7回と8回に登板することが多い、右投げの(ライデル・)マルティネス、左投げの(ジョエリー・)ロドリゲスの外国人コンビは脅威でしょうね。ゲーム終盤で、155キロ超のボールを投げる左右のピッチャーが出てくるわけですから。ひとりの打者がリリーフ投手と対戦するのは、年間を通して多くても10打席くらいなので、打ち崩すことは簡単ではないでしょう」

──中には、「どちらかの外国人投手をクローザーに据えたほうがいいのでは?」と考えているファンもいるようですが。

「うーん......難しい問題ですね。選手には定位置で出場する"居心地のよさ"みたいなものがあるんですよ。打者にしても、絶好調だから4番で起用したら、途端に打てなくなった、という例がたくさんあります。だから今の中日のリリーフ陣の順番も、安易に変えるのはよくないと思っています。いずれにせよ、最後を締める投手が『あいつに任せれば大丈夫。負けても仕方がない』という信頼を得られるようになるのが理想ですね」

1/4ページ

最終更新:5/28(火) 21:59
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事