ここから本文です

「大人計画」出身の矢本悠馬が 演じてきた愛すべきキャラを語る

5/24(金) 17:00配信

CREA WEB

 人気TVシリーズの映画化である『映画 賭ケグルイ』で、奇跡の復活を遂げるギャンブラー・木渡を演じる矢本悠馬。原作者からのお墨付きをもらうほどのハマリ役を獲得した彼は、なぜここまで現場で愛されるのか? 

現場では常に親しみやすい可愛らしい人でいたい

――その後も、『君の膵臓をたべたい』でのガム君役のような“愛すべきキャラ=矢本悠馬”のような流れにもなっていきます。さらに、『トリガール! 』では「賭ケグルイ」へと繋がっていく英勉監督との出会いを果たします。

 どの作品でも「愛されたい」とかまったく意識していないです。役の見え方のことしか考えてないです。だから、そういうキャラは後から付いてきたオマケのような感じがします。英監督は、とにかく僕の芝居を面白がって、笑ってくれるんです。それにほかの監督の作品より自由度が増している感覚もあって、どんどん監督を面白がらせたいし、想像を上回るものを見せたいという欲求が高まるんです。大人計画にいたときに、先輩から「芝居で自慰行為することも大事」と言われたことがあって、あえて自分のパフォーマンスで自分に酔うことも大切にしていて、そんな“悪ふざけ”がいちばん発揮できる場だと思っています。

――これまで学生役が多く、現場では最年長の立場が多いと思いますが、現場で心掛けていることは? また、そんななかでNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の現場のように年上の俳優ばかりの現場で感じることは? 

 学園モノではできるだけ、共演者と近い距離でいたい、と心掛けています。どこかでナメられたいというか、年上がいることによる窮屈な感じを取っ払いたいんです。性格的に怒ったり、イラついたりしないんで(笑)。年下の俳優さんからもらう刺激もありますけど、自分よりも年齢を重ねて、芸を重ねている人と芝居することは貴重ですね。同じような壁にぶつかって、乗り越えてもいますから、教えてもらうことも、学べることも多いですし。常に親しみやすい、可愛らしい人でいたいという想いはあります(笑)。

1/3ページ

最終更新:5/24(金) 17:00
CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2019年8・9月合併号
7月5日発売

定価820円(税込)

日々のごはんのお取り寄せ。

坂口健太郎/実力派の日用品リスト
私の好きな韓国紹介します! etc

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ