ここから本文です

マツダがフォードから得たもの、学んだこと

5/24(金) 17:00配信

日経ビジネス

木谷:まず決定的に違うのは、日本は擦り合わせの文化で、みんなが助け合ってやることは、まあ、当たり前じゃないですか。

――金井さんが言う「共創」ですね。

木谷:一方で彼らは、規模が大きいこともあってか、仕事は完全に分業の発想なんです。

――モジュール的な。

木谷:だからどうしても、一つの仕事でも「部署間で受け渡し」になる。もう一つ違うのは、開発期間に大きな影響を与える、金型のところ。彼らはやっぱりそこが長いですね(これについても第1回参照)。

――図面の曖昧さを現場が調整することで時間がかかるんでしたね。でも、「完璧な図面」ができていれば、そういう問題は起きないのでは?

木谷:「クルマの設計図」が完璧だったとしても、それを再現するには、きちんとした「金型の設計図」がいるんです。そこに1つ大きなノウハウがあるわけです。マツダは社内でやっていますので、スムーズにつながりますが、フォードの場合は、この金型の設計製作を外注していたんですね。アウトソースなんです。

――それじゃあ、改善には限界があると。

木谷:なので、「マツダがやっているように、あなたたちも内製したほうがいいんじゃないか」というような話をしました。

●サプライヤーでも同じ問題が発生する

――あれっ、でも、マツダもたくさんの部品をサプライヤーさんから買っていますよね。

木谷:はい、完全に自社で作るのは部品で2~3割くらいですね。

――ということは、同じ問題が発生しないんですか?

木谷:いや、発生する可能性はあります。そして、突き詰めたらサプライヤーさんも一緒ですよ。

――どういうことでしょう?

木谷:サプライヤーさんも図面を引いて、二次、三次のサプライヤーさんに渡しているからです。その時に、3DCADのデータ化が徹底していなかったら、同じことが起こります。

――あっ、そうか、では、ここまでお聞きしてきた話、社内を説得してデータ化に向けて動かしたように、サプライヤーさんにも同じ話をして、設備も入れてもらって、データフォーマットを合わせなければならない。大変だ。

木谷:そう、そんな交渉をサプライヤーさんにして歩きました。

――したんですか、それはそうなりますよね。……どうやって説得するんですか。

4/5ページ

最終更新:5/24(金) 17:00
日経ビジネス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事